まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

プロの判断力

雑感

2018年6月29日

サッカーワールドカップで日本代表が決勝トーナメントに進みました。あらためて、ワールドカップに出るのも、勝つのも、勝ち進むのも難しいことだと強く感じました。サッカーほど世界中で同じルールで行われるスポーツはないと思いますし、アメリカのための競技でもありません。ワールドカップは、見る人の心を打つような、損得を抜きにした、素晴らしいものだと思います。だからこそルールも平等です。今回、日本は、初戦でコロンビアに勝ち、失礼な話ですが、それだけでもナントカの奇跡などと言われました。また、二戦目のセネガルも強く、負けそうになりながらも追いつき、ドロー。選手たちは「勝てる試合だった」と言います。この時点で、決勝トーナメント進出には、かなり優位に立っていましたが、ワールドカップは、他の組を見ても何が起こるかわかりません。最近は前回大会の覇者が、予選リーグで負けるというパターンが多いですが、ドイツがそれにはまってしまいました。世界一位なんて関係ないのです。それでも、ポーランドは、この組の本命であり、世界ランキングも一桁です。明らかに強そうです。勇敢に立ち向かい互角の試合を作っていました。これはこのまま逃げ切れるかと思いきや、やはりそんなに甘くはなく、一点先制されてしまいました。
ポイントはここからですが、一体どうするんだろう?と多分、日本中が一瞬思考停止になったのではないかと思えるくらい、難しい局面になりました。ここからは数字マジックです。でも時間は刻一刻と過ぎていきます。なんて難しいスポーツだろうと思いながら、何とか追いついて欲しいなどと思いながら、時間が流れました。その時点では負けると、何と、予選敗退だったのです。あんなに苦労して積み上げたのに、たった一点で負けたら、全部終わり。何と酷なスポーツかと、また複雑な気持ちになりましたが、それでも日本代表チームは冷静に、チャンスをうかがっていました。そこでコロンビアがセネガルから一点奪いました。そうすると、また盤面が変わり、このまま日本が負けるても、イエローカードの差で日本がセネガルをおさえて決勝に行けるという情報が出ました。ここで、また日本中が、悩ましくなったのではないかと想像します。それはコロンビア次第ということになります。使い方はさておき、他力になってしまいます。選手も情報が伝わっていたと思いますから、難しい選択だったと思います。ここで素晴らしいと思ったのは、監督の判断でした。監督は瞬時に、負けを選択し、その代わり、イエローカードとそれ以上の失点をしない選択をしました。この方針はキャプテンを投入したことで瞬時にチームに伝わり、そのプランのまま、試合は終わりました。数分後にコロンビアが勝ち、日本代表は決勝に進めました。
この時、監督が中途半端な選択をしたり、あるいは迷って、明確な方針を示せなかったり、あるいは、判断を選手にゆだねてしまったりしていると、おそらく結果は出なかったと思います。批判を受けることを承知で、これで負けたら大変なことになることも承知で、全責任を背負い、しかも他力であることも承知で、今回はもっともリスクの低い選択をし、それを一瞬で選手に伝え、選手もそれを遂行しきって、それ以上のミスをせず、尚結果につなげたのです。本当に素晴らしい監督と選手とその信頼関係だったと思います。
こんな指揮官に私もなれたら、と強く思いました。


****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+