マイベストプロ鹿児島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ鹿児島
  3. 鹿児島のビジネス
  4. 鹿児島の税務会計・財務
  5. 海江田博士
  6. コラム一覧
  7. 値下げしか思いつかない?!?―販売促進策としての価格競争に巻き込まれないために―Ⅱ
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし) / 税理士

海江田経営会計事務所 

コラム

値下げしか思いつかない?!?―販売促進策としての価格競争に巻き込まれないために―Ⅱ

2021年10月12日

テーマ:販売促進戦略

コラムカテゴリ:ビジネス

[まるで泥縄式・・・]


販売不振に陥ったとき、つい行きがちになるのが「値下げ戦略」。
この手法、最初はいいかも知れませんが、やがてその値段が当たり前になったとき、それまでと同様、再び販売不振に陥ることになります。

決して安易に手を出してはいけないのが、「値下げ戦略」なのではないでしょうか。
そもそも、値下げでなんとかしよう、というのは「戦略」とすら呼べないのかも知れないのです。

しかしここでこんな意見があるかも知れません。
「そう言うが、値下げをすれば最も早く結果は出るじゃないか。他に有効な手を思いつかないときはやむを得ないんじゃないか。」と。

なるほど・・しかし、このご意見には大事なポイントがあります。
「他に有効な手を思いつかなければ・・・」というところです。

販売不振に対して有効な対策を考える・・・・もちろんこれはやらなければならないことですし、大事な経営上の判断でもあります。
しかしながら、いつもいつも販売不振の度に、まるで泥縄式に何か考えるのでしょうか?
右往左往するのでしょうか?
これでは遅い!と言わざるを得ません。

つまり、経営者たるもの、販売促進については常に頭に置いて考えておくものなのです。
普段考えていないから、いざというときに値下げしか思いつかないのです。

販売促進策というのは普段から考えていたとしても、そのすべてに手が打てるわけではありません。
いつもは優先順位をつけて、できることから手をつけているはずです。

しかし、販売不振に陥ったときはその順位を入れ替えることも必要です。
多少予算をかけてでも、普段手をつけていなかった思い切った手を打つこともあり、なのではないでしょうか。

普段からこんな準備ができていれば、いざというときに「値下げ」という情けない方向に舵を切らないで済むのです。



安易に「値下げ」しちゃあだめですよ。


つづく

この記事を書いたプロ

海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(海江田経営会計事務所 )

Share

関連するコラム

海江田博士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士

海江田経営会計事務所 

担当海江田博士(かいえだひろし)

地図・アクセス

海江田博士のソーシャルメディア

rss
ブログ【毎日更新】
2021-10-25
youtube
YouTube
2021-09-15
facebook
Facebook

海江田博士プロのコンテンツ