マイベストプロ広島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ広島
  3. 広島の冠婚葬祭
  4. 広島の葬儀・斎場
  5. 廣田篤
  6. コラム一覧
  7. 参拝する時、お守り・お札をいつ買う?おみくじのタイミングは?
廣田篤

葬儀業界20年のキャリアで自宅葬・家族葬をサポートするプロ

廣田篤(ひろたあつし) / 葬祭業

広島自宅葬儀社

お電話での
お問い合わせ
082-275-6568

コラム

参拝する時、お守り・お札をいつ買う?おみくじのタイミングは?

2022年7月18日

テーマ:葬儀・仏事の知識

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: 参拝マナー

お寺や神社へ参拝するとき、記念のお守りやお札をついつい旅の記念に買いたくなるものです。
実はお守りやお札を受けるのにもマナーがあります。
知っておくと次回参拝するときに役立ちますので、参考にしていただければと思います。

お守り・お札は「買う」ではなく「受ける」

お守りやお札は、正確には「買う」ではなく「受ける」と言います。
お賽銭のお礼としてお寺や神社から贈られるものとして考えられているためです。
お守りの中には内符(ないふ)と呼ばれるお札が入っています。
お札には、そのお寺の信仰する御本尊の名前や絵像、経文などが書かれています。
お土産店で販売しているお土産ではなく、仏様との縁を繋ぐ大切な仏具ですから、大切に扱わないといけません。

お守り・お札を受けるタイミング

仏様に挨拶もしていないのにお守りやお札を受け、縁を結ぼうとすれば失礼にあたります。
お守りやお札を受けるのは、必ず本堂に参拝してからにしましょう。

受けたお守りお札はどうする?

家に帰るとお守りは肌身離さず持っておくと、仏様があなたを守ってくれます。
お札は家の神棚などに祀って毎日拝むのが良いとされます。

おみくじを引くタイミング

おみくじを引くタイミングもお守り・お札と同様です。
本堂で仏様への挨拶を済ませてからおみくじを引きましょう。

引いたおみくじはどうする?

おみくじは運試しではありません。
たとえ凶であっても、今後生きていく自分自身のため、仏様からのありがたいヒントとして受け取りましょう。
読み終えたら、境内のおみくじ掛けに結びます。
仏様におみくじを返し、縁を結んで帰宅しましょう。

ポイント

・お守り・お札は必ず参拝した後に受ける
・おみくじは境内の決められた場所に結んで帰る
・お守りや常に身につけておく
・机の引き出しに収めるなど、粗末な扱いをしないように注意

この記事を書いたプロ

廣田篤

葬儀業界20年のキャリアで自宅葬・家族葬をサポートするプロ

廣田篤(広島自宅葬儀社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

廣田篤プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
082-275-6568

 

フリーダイヤル 0120-564-594

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

廣田篤

広島自宅葬儀社

担当廣田篤(ひろたあつし)

地図・アクセス

廣田篤プロのコンテンツ