マイベストプロ大分
工藤陽生

トータル ファッションクリーニングのプロ

工藤陽生(くどうようせい) / 便利屋

有限会社 大分エコークリーニング(エコークリーニンググループ・洗濯工房)

コラム

クリーニング後の商品はポリ袋から出して保管

2018年7月16日 公開 / 2020年4月11日更新

テーマ:クリーニング豆知識

コラムカテゴリ:くらし

  通常は湿気がたまってカビがはえる
またこもった空気やけで変色する
が多いです
 そのほかに大きな理由として
接着剤が使われている衣類が
意外に多いから。
◎接着剤の劣化防止にポリ袋から
出して保管
 芯地や裏表が異質な生地、毛羽が
プリントされている生地などの多くは
合成樹脂接着剤が使用されています。
 ポリ袋に入れたまま高温多湿の
季節にH関していると、急激に
分解劣化します。
◎接着剤が劣化するとはがれたり
シミたりする
 接着剤が劣化すると保管中や
ドライクリーニングによってはがれたり
溶け出して取れないシミになります
 注意すべき衣類
①女性もののジャケットの貼り付けボタン
(ボタンの裏から縫い糸で引っ張ってない物)
②表面がプリントされて固くなっている物
(自然劣化でもひび割れてきます)
 特にこの2点を気を付けることによって
トラブルはかなり防げます。

P.S. 個人的に思うのは
ドライクリーニングによって接着が
弱まる品物を
ドライクリーニングOK、と表示して
販売してはいけないんじゃないかと
思うんですが・・・。
それでもビニールを外したくないという
あなたにはこちら
http://mbp-oita.com/eco-cleaning/column/2787/

この記事を書いたプロ

工藤陽生

トータル ファッションクリーニングのプロ

工藤陽生(有限会社 大分エコークリーニング(エコークリーニンググループ・洗濯工房))

Share

関連するコラム

工藤陽生プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
097-541-3642

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤陽生

有限会社 大分エコークリーニング(エコークリーニンググループ・洗濯工房)

担当工藤陽生(くどうようせい)

地図・アクセス