まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
多田紳也

生活を楽しく豊かにするガーデンデザインのプロ

多田紳也(ただしんや)

株式会社 空間設計SOBO

お電話での
お問い合わせ
0263-27-9808

コラム

ガーデンデザイナーって その3

自己紹介

2015年3月24日

前回は、外構のデザインが時代によって変化してきたということ
を書きました。
クローズタイプからオープンタイプの外構になってきて
門塀、アプローチ、駐車場がとてもお洒落になってきたって事を書かせてもらいました。
じゃあ、お庭はどうなったのか?というところから今回は書きます。

お庭はですね、、、
いわゆる日本庭園的な和風なお庭は人気がなくなってきて
芝生を敷いてシャラやヤマボウシのような雑木を数本植えるような
すっきりとしたお庭が好まれるようになってきました。
(新しい分譲地などを見られた方ならイメージしやすいと思います。)
それから、「アウトドアリビング」とか「セカンドリビング」なんて言葉が
できてきて、ガーデンルーム(それ何?まあお洒落なサンルームと言ってしまいます)
とかウッドデッキを家と庭をつなぐ空間として位置づけられました。
役割的には、昔懐かしの濡れ縁の延長線上にあるような感じですね。
そこから庭に出て、ガーデニングを楽しむ、子供達が芝生で遊ぶのを親御さんが
眺めている、なんてライフスタイルを提唱するようになったんですね。

暖蘭物語

暖蘭物語

ウッドデッキ


ウッドデッキ

かつての和庭の人気がなくなってきた理由のひとつとしては
毎年のように造園職人さんに来てもらって手入れをしなければ
いけないという経費がかかるところが敬遠されてきたということ。
それから、基本的に和庭は家の中から眺めるお庭という位置づけでしたが
ガーデニングという言葉が流行りだした頃から、自分たちで好きに花を植えたり
外でBBQをしたりといった「使う、遊ぶ庭」という形の方が好まれ出したという
背景もあります。

そんなわけで、いつのまにか外構エクステリアとガーデンは同時に設計を
して使いやすく見た目の良い外回り空間をトータルにデザインしましょう、
という流れになってきたのです。

ふー。
やっとここまでたどり着いた。。。
下手な文章で長々と書き綴ってるけどなんとなくはご理解いただけましたでしょうか?

で、いよいよ最初のテーマにいきます。
今でもこういう外回りをトータルに設計デザインする人たちの
名称はバラバラです。最初にお話ししたように
「エクステリアプランナー」とか
「エクステリアデザイナー」とか
「ガーデンプランナー」とか
「ガーデンデザイナー」とか。

その中でなぜ私が「ガーデンデザイナー」という名称に
こだわっているのかということをいよいよ次回お伝えします。

この記事を書いたプロ

多田紳也

多田紳也(ただしんや)

多田紳也プロのその他のコンテンツ

Share

多田紳也プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0263-27-9808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

多田紳也

株式会社 空間設計SOBO

担当多田紳也(ただしんや)

地図・アクセス

多田紳也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

多田紳也のソーシャルメディア

facebook
Facebook

多田紳也プロのその他のコンテンツ