まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

井上博文プロのコラム一覧

公認心理師試験においてアセスメントは必須です。ブループリントでは、「⑭心理状態の観察及び結果の分析8%」となっており、もちろん無視できない項目です。まずは公認心理師法第二条を見てみると、第二条 この法律において「公認心理師」とは、第二十八条の登録を受け、公認心理師の名称を用...

公認心理師の他職種連携の最終回です。運用基準によれば、「主治の医師からの指示を受けなくてもよい場合」が記されており、これは必ず知っておかねばならないことだと言えます。引用します。「以下のような場合においては、主治の医師からの指示を受ける必要はない」・ 心理に関する支援とは...

今、毎日のように公認心理師に関するお問い合わせをいただきます。その際、よく京都コムニタスという名前を間違われたり(コムニスタ?コムタニスタ?コムタ??など)、どういう意味ですか、という質問もあわせていただきます。「コムニタス」については、これまで何度か書いているのですが、法人...

雑感

2018-06-20

いろいろあって、頭の中が雑然としていますので、ちょっと雑感です。先日の地震は各地に不安をもたらしています。私自身はバイクに乗っていて、遭遇しました。最初はなんか揺れるなぁ、くらいでしたが、急に大きくなって、周りの車が跳ねるように揺れていました。電線も波打ち、ただ事ではないとい...

「公認心理師は、その業務を行うに当たって心理に関する支援を要する者に当該支援に係る主治の医師があるときは、その指示を受けなければならない」この文言が、物議をかもしましたが、結果としてここに記されましたので、やはり医師側としてはこの指示という言葉は外せなかったのだろうと思いま...

各種情報

2018-06-18

地震に伴う休講のお知らせホームページではすでにお知らせしておりますが、 本日朝7時58分に発生した地震の影響を考慮し、本日の授業は終日休講とします。交通機関がなかなか復旧しないようです。 塾生・スタッフの皆さんは、自身の安全を最優先にして行動してください。事務所はあいていますので...

前回の続きです。公認心理師の他職種連携は公認心理師法第42条に言及されるところであり、連携は公認心理師にとって必須となります。当塾の主任によると、連携と協働は違うのだそうです。連携は他職種が共通の目的を達するために連絡、調整を取ることであり、協働は二者以上の専門家、あるいは専門...

今年の公認心理師試験では、ブループリントによれば、公認心理師の職責関連が9%ですが、その中の③多職種連携・地域連携は、中項目が「多職種連携・地域連携の 意義及びチームにおける 公認心理師の役割」、小項目が「保健医療、福祉、介護、教育との連携」「家族との連携」「自己責任と自分の限界」...

科学技術「基盤的な力、急激に弱まる」 論文数減少、主要国で日本のみ 白書を閣議決定という記事を見ました。こちらまた閣議決定ですが、ロクなことを閣議決定しない内閣です。なんでそうなったかと言うと、あからさまな失政がもたらした結果です。他人事のように、と言いますか、ほとんど教...

ブループリントの9%の項目には18.教育に関する心理学があります。科目名としては、教育・学校心理学となります。ここで重要キーワードになるのは、学校、スクールカウンセラー、学校アセスメント、チーム学校、不登校、教育支援センター、教育機会確保法、いじめ、発達障害、、発達障害者支援法、特...

最近よく受ける質問に、公認心理師国家資格試験は、臨床心理士資格試験の勉強をしていれば受かりますか?というものがあります。私個人の見解としては、それだと、合格に少し届かないように設定されるのではないかと見ています。第1回目の模擬試験では、今回の受験者の64.5%が臨床心理士でした。合...

ブループリントには、④心理学・臨床心理学の全体像3%という項目がありますが、これも悩ましいところです。臨床心理士の方はあらためて勉強するかどうか、迷うところかと思います。臨床心理士でない方は、どちらかというと、勉強した方が良い項目かと考えられます。とは言え、心理学、臨床心理学の「...

勉強方法

2018-06-11

少し前も述べたのですが、6月は重要な時期です。(重要でない時期などないのですが)、このところ急激に暑くなって、テンションが下がると言う人もいます。それでも学科をしっかり勉強する時期である旨を書きました。とはいえ、やはり6月は過ごし方が難しい時期です。ゴールデンウイークの5月が終わ...

公認心理師試験の勉強で、多くの人が勉強をするかしないかで迷うと言われるのが、研究法系かと思います。ブループリントで言えば、5 心理学における研究、6 心理学に関する実験の合わせて4%ですから、問題数としては少ないと言えますから、判断が難しいところです。公認心理師は、卒論も修論も要件...

公認心理師試験の出願が終わりましたが、いよいよという気持ちになっている人も多いと思います。今、最もお問い合わせをいただくのが勉強方法についてです。もちろん、今年初めて行われる試験ですから、過去問もありませんし、明確な勉強方法もありません。だから、何かを参考にしていかねばなりま...

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+