まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

合格速報-大分県立看護科学大学大学院NPコース(修士課程実践者養成)

塾生 合格者 卒業生

2016年9月8日

連日の合格速報です。
大分県立看護科学大学大学院NPコース(修士課程実践者養成)で合格者が出ました。この分野は、私のキャリアでは初めてです。前年独学で受験されて不合格だったので、当塾に来られたということでした。
NPというのは、Nurse Practitionerのことで、診療看護師とも言います。地域医療に密着し、必要とされる診療行為を、医師や他の医療従事者と連携し、実践できる能力を備えた看護師ということです。高度な医療行為ができるところが特徴です。私が知る人は老年の専門家で、地域の中で、言い方は悪いですが、最期まで対象者と医療者として関わっていく仕事だと言っていました。その過程の中で、時には薬の処方もいくつかはするとのことでした。かなり責任の重い仕事という印象です。
この方は、まだ若いですが、看護師のキャリアは長く、地域医療に貢献したいという思いは最初から強くありました。かなり本気度は高かったと思います。話していても非常に気持ちのいい人で、不快感は全くなく、人格的には合格できると思いました。あとは学力と面接力を高めるだけという印象でした。学科は数理的問題が多く、普段医学を担当してくださる先生が、その専門家ですので、安心していました。あとは、書類と面接対策で、ここは私の腕の見せ所でした。ただ、先の知人から「面接が重要だし、難しいよ」と聞いて(おどされて)いましたので、いろいろ対策をうちました。まずは前年の敗因分析からはじまりました。ここではちょっと書きにくいこともありますが、この方は、こちらの要求を全部こなしてくれました。仕事が忙しい中、何度も大分に足を運び、今ではちょっとなじんでいます。対策は、そんなところから、地道に始めました。結果としては、すべてが奏功したと思っています(思いたいです)。
かぶせて書きますが、本当に気持ちのいい人で、どこに言ってもうまくやれると思います。もしかすると、当分大分にいることになるかもしれませんが、いいNPになること間違いなしと信じています。



**************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+