まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

コラム

マナーうんちく話331≪マナー美人①「ハンカチ編」≫

小さい秋があちらこちらで根付いてきましたが、まだまだ暑い日が続き、ハンカチが離せませんね。

もともとハンカチは、身嗜みとして日常的に用いられる四角い布ですが、その起源は、ヨーロッパの女性が頭に巻く布「カーチフ(kerchief)」です。

そして、手に持ったのが「ハンカチーフ(handkerchief)」で、首に巻いたのが「ネッカチーフ(neckerchief)」と言うわけです。

17世紀にはそれが男性にも広がり、「ポケットチーフ(pocket chief)」として、スーツの胸ポケットに差して愛用されました。

日本には明治維新後、洋装がもたらされたのに伴い、高貴な人達の間で広まりました。それまでは、おなじみの「手ぬぐい」を使用していました。

ハンカチは、ヨーロッパでも日本でも、最初は高貴な人達の間で使用されていましたが、日本の手ぬぐいは、身分を問わず、広く用いられた、ちょっと粋な小物ですね。勿論今でも愛用者は大勢います。

ところで、ハンカチを今のように四角に統一した人物をご存知でしょうか?
マリー・アントワネットです。

彼女が社交界にデビューしたのは18世紀後半ですが、その当時のハンカチの形は実に多種多様で、彼女はそれが気に入らず、夫であるルイ16世に申し出て、「ハンカチは四角にするべし!」というお触れを出したと言われており、それ以降ハンカチは今のようになったと言われております。

ちなみに、宴会などでよく使用される乳房の形をしたシャンパングラスも、彼女の胸がモデルになったそうですよ。

さて、気にいった人と話をする機会を作る、「ハンカチお落とし作戦」と言うのは良く聞きますが、それは別として、「あなたの前を歩いていた人が、何かの拍子でハンカチを落としました」。この時あなたはどう振舞いますか?

①見知らぬ人だから、黙ってそのまま見過ごす。
②「ハンカチが落ちましたよ!」と言って声だけ掛けてあげる。
③「ハンカチが落ちましたよ!」と言って、落ちたハンカチを拾って渡してあげる。
④「ハンカチが落ちましたよ!」と言って、落ちたハンカチを拾って、さらに埃を払って渡してあげる。

大抵の人は②か③ですが、④の行動がとれる人は立派な「マナー美人」で、常に誰とでも、良好な人間関係が築ける人です。

落ちたハンカチを拾って、埃を払う行動はほんの数秒です。
この一瞬の気配りは些細な行動のようですが、ハンカチを落とした人には、とても好印象を与えます。

日本は世界屈指の、物質的に豊かな国です。
落とし物の数も種類も年々増えています。

しかし、落し物をしても届け出をしたら、殆どの割合で、それが帰ってきます。
日本は素晴らしい国ですね。




この記事を書いたプロ

平松幹夫

平松幹夫(ひらまつみきお)

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share