マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ) / 塾講師

株式会社コムニタス

コラム

イラショナルビリーフって何?

2024年2月11日

テーマ:REBT 論理療法

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

少し前に当塾のスキルアップ講座で私がREBTを担当しました。
その際にも感じたことですが、意外とイラショナルビリーフが正確に理解されていないのではないかと思っています。というのも、イラショナルビリーフは結構難しく、よく言われているのは、
1.根拠がないのに真実だと決めつける(レッテル貼り)
2.物事を0か100か、白か黒かでしか判断しない(白黒思考、all or nothing)
3.自分の視点からしか物事を考えられない(心の読み過ぎ、先読みの誤り)
4.賛成意見には注目し、反対意見は無視する(心のフィルター)
5.○○するべきだと決めつけて考える(べき思考)
6.一部のことを全てだと思い込む(過剰な一般化)
7.周りの悪い出来事は全て自分のせいだと思う(個人化・責任転嫁の逆)
8.その時の感情で物事を判断する(感情的決めつけ)
9.失敗を予想し、その通りになっていく(マイナス化思考)。

こんな感じです。
これらは全部正しいと思います。しかし、いざ適用するとなるとこれが難しいのです。
何が難しいかというと、これらのビリーフが果たして、不健康な感情を生み出しているかどうかの確認が難しいのです。
ポイントは「考え方」「認知」「思い込み」といった言い方です。これも正しいのですが、わかっているようなわかっていないような言葉ですし、意外と人によって理解が異なります。
で、私が言っているのは「何を信じているか」です。

例えば、塾業界あるあるとして、実際に私が言われたのは
「こんな学校落ちたら切腹しないといけないですよね」
という言葉です。もちろん、本気で言っているわけではありませんし、どちらかと言うと冗談に近い言い方だったと思います。しかし、いざ本番の試験になると震えがくるくらい怖くなり、寝ることもできなくなりました。
これは、この人がこの言葉を信じているからおこる現象だと考えています。比喩のつもりが、実は信じてしまっているということはよくあります。

大学受験あるあるは無数にあります。
「東大でなければ人にあらず」
「2位も最下位も同じ」
「偏差値が低い学校など行く価値はない」
こういったことは評価ではなく、その人の信仰であり、しかも不合理な、つまり事実にあらざることに対する信仰になります。

信仰は自由ですが、しんどいなら、その信仰を手放すのは一つの方法です。
こういった信仰がしんどい感情を生み出すと見るのがABC理論です。
例えば
「東大でなければ人にあらず」→「東大でなくても人です」
「2位も最下位も同じ」→「2位は2位です。最下位ではありません」
「偏差値が低い学校など行く価値はない」→「高くても価値のない学校はあるし、低くても価値の高い学校はいくらでもあります」

大学受験あるあるでなくても
「女は男の後ろを歩かねばならない」
「外で稼がげない男は男にあらず」
「世界一の父親でなければならない」

確かに「ねばらない系」は強い言葉なので、信仰になりやすい傾向にはあります。
また法則よりも人を信じる人は「The イラショナル」になっているケースが多いです。
人治より法治が基本です。テレビや大手メディアを鵜呑みする人はもちろん危ういです。
「私を信じろ」と言う人がいたら、まずは疑いましょう。

思い込みと言えばそうなのですが、信仰レベルにまで信じ込んでいると、しんどい感情をしらない間に作ってしまうと言えます。
ビリーフに興味のある人は「この人は何を信じているのだろう」という疑問を持って相手を見ると、結構いろいろなものが見えてきます。
ちなみに私は偏差値よりも仏教の言う法則を信じています。また科学は私より正しいと信じています。


2月23日心理職スキルアップ講習



京都コムニタスでは随時相談を受け付けていますので、お問い合わせいただけたらと思います。
こちら

無料体験受講はこちら までお問い合わせください。




***************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
note
KC看護アカデミア
心理職大全

KCポータル
公認心理師試験対策講座

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(株式会社コムニタス)

Share

関連するコラム

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ京都
  3. 京都の出産・子育て・教育
  4. 京都の大学受験・共通テスト(センター試験)
  5. 井上博文
  6. コラム一覧
  7. イラショナルビリーフって何?

© My Best Pro