マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ) / 塾講師

株式会社コムニタス

コラム

就職を決めないと取り残された気がする

2024年2月12日

テーマ:大学院に行くメリット

コラムカテゴリ:スクール・習い事

よく大学生の方々から聞く言葉です。
「就職をしないと取り残された気がする」
場合によっては
「勉強なんてしていていいのだろうか」
「みんな就職決めているのだから、私も早く働かないと」
なんて言葉も聞きます。
これは今や「日本人あるある」なのだろうと思います。
これはいったい何の問題なのだろうかが、あまりにも深すぎて今の段階で結論を出すことは難しいです。
日本という国をここまで凋落させた象徴的な言葉だと、私は考えてます。
残りの人生をかけて一度は解き明かしたい問題です。

海外の大学で、大学生がこんなことを言う姿を想像することができません。
日本以外の国では(アメリカはいろいろですが)、普通、大学に行くのは「勉強をしにいくため」です。冷静に考えたら普通ですよね。
でも、多分、これを読んでくださる方でも、日本人の方なら、大学に勉強をしにいったか?と問われると、どうでしょうか?
私はこの京都コムニタスを20年ちょっと運営してきましたが、大学生で、私は自信をもって勉強してきました、と言った人に出会った経験は皆無とは言いませんが・・・くらいしか出会っていません。だから、コムニタスで、「びっくりするくらい勉強しよう」と言ってきました。
心理職大全にも書きましたが、私の基本的な考えは「どの人も大学院に行って驚くほど勉強しよう」です。多分、日本人は本来勉強嫌いというわけではないと思います。実際、当塾に来られた方の大半は、しっかり勉強しますし、やり方さえわかれば、どんどん自分で進めていける人たちです。
これこそ前回書いたイラショナルビリーフであり、社会的背景もあって、多くの人が信じ込んでしまっている不合理な信念です。
本当は就職なんていつしてもいいと思いますし、勉強は本来生きていくためにするものです。様々なことに興味をもって、疑問をもって、それを解き明かし、それを裏付ける根拠とデータを求める。そのための基本的方法と知識を身につけることが勉強です。その技術が学術です。べつにどんな勉強でも構わないと思います。少なくとも就職が勉強の上位に来るというのは、私はイラショナルビリーフだと考えています。


2月23日心理職スキルアップ講習



京都コムニタスでは随時相談を受け付けていますので、お問い合わせいただけたらと思います。
こちら

無料体験受講はこちら までお問い合わせください。




***************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
note
KC看護アカデミア
心理職大全

KCポータル
公認心理師試験対策講座

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(株式会社コムニタス)

Share

関連するコラム

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ京都
  3. 京都の出産・子育て・教育
  4. 京都の大学受験・共通テスト(センター試験)
  5. 井上博文
  6. コラム一覧
  7. 就職を決めないと取り残された気がする

© My Best Pro