マイベストプロ鹿児島
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ鹿児島
  3. 鹿児島のビジネス
  4. 鹿児島の税務会計・財務
  5. 海江田博士
  6. コラム一覧
  7. 「同調圧力」という鬱陶しさ―群れるファッションにあきれたあの頃―
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし) / 税理士

税理士法人アリエス

コラム

「同調圧力」という鬱陶しさ―群れるファッションにあきれたあの頃―

2022年8月2日 公開 / 2022年8月3日更新

テーマ:ファッションについて考える

コラムカテゴリ:趣味

黒のレザーハーフコート

昔、私がまだ東京にいた頃、黒のレザーハーフコートというのが流行ったことがありました。ある日、表参道を歩いていると、7,8人の若者の群れが全員、黒のレザーハーフコートを着ているところに遭遇しました。
確か、全員大学生くらいの女の子だったと思います。私は初め、どこかの制服かと思いました。しかし、よく見るとみんな同じデザインではありません。
黒のハ-フというところだけは一緒なのですが、それぞれ異なるメーカーというかブランドのようです。ただ、ちょっと離れたところから見ると全く同じにしか見えませんでした。
この光景に、なんだかちょっと気持ち悪さを感じたことを覚えています。

俺も買っていたかも

しばらくすると、この流行は終わりを遂げたようで、それからは黒のレザーハーフコートなど着ている人はほとんど見かけなくなりました。逆に「ダサい」ということになったのだろうと思われます。
私は黒のレザーハーフコートが流行ったときに、それを買おうとか着ようとは思いませんでしたが、こげ茶のレザーハーフコートは持っていたので時々着用していました。あんな流行の仕方をしなければ、黒も購入していたかも知れません。


これがこげ茶のハーフコート。派手な裏地はあとでつけたものです。

ネイビーダブルブレザー

違う場面でも同じような風景に何回か遭遇したことがあります。確か、ダブルの紺ブレというのが流行ったことがありました。このときも、滑稽なくらい猫も杓子も紺ブレ、紺ブレ一辺倒だったことを覚えています。
考えてみれば、黒のレザーハーフコートもダブルの紺ブレも定番的な衣類です。(紺ブレは今でも普通に愛用しています。)しかも、どちらもそれほど安いものではありません。こんなものを流行に任せてバッと着てバッとやめるというのは、いかにも滑稽であり軽薄なように思えます。
しかし、若者の間ではそれが流行っているとき、違うタイプのファッションをしているということは居心地が悪いのでしょうか。彼らの世代の中ではそれなりに、同調圧力というものが存在するのかな、と思います。


こんな感じでネイビーブレザーは愛用しています。


滑稽かつ軽薄なる同調圧力

あのとき、表参道で見た若者たちはおそらく20代前半、私は40になっているかどうかくらいの年齢でした。あの若者たちも今では40代後半か50代くらいになっていることでしょう。今でも、同調圧力的流行追っかけのマインドは変わらないのでしょうか。
なんにしても、日本人には横並びの同調圧力というのは強いような気がします。私のような人間にとって、それはやや窮屈だし、時には鬱陶しく感じるものです。
まあ別に、そういう風潮に対してぶうぶう言いながら生きているわけではありませんが・・
しかし、もう少し適度に自分らしさを発揮しながら生きていた方が気が楽なような気がするのですがいかがでしょうか。

この記事を書いたプロ

海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(税理士法人アリエス)

Share

関連するコラム

海江田博士プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士

税理士法人アリエス

担当海江田博士(かいえだひろし)

地図・アクセス

海江田博士プロのコンテンツ