マイベストプロ鹿児島
  1. 変化に対して手を打たないというのはあり得ない話―目の前に突きつけられているテーマに経営者はどう向き合うべきなのか―Ⅴ(おしまい)
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし) / 税理士

海江田経営会計事務所 

コラム

変化に対して手を打たないというのはあり得ない話―目の前に突きつけられているテーマに経営者はどう向き合うべきなのか―Ⅴ(おしまい)

2019年11月8日

テーマ:地方再生と地域活性化について考える

コラムカテゴリ:ビジネス

[ちょっとでも新しいことに手をつければ差別化は図れる]


生来の怠け者だったとはいえ、私の場合なんとか頑張って手をつけてきたものもありますので、多少は世の中の変化に対応できてきてはいます。
そのわずか手をつけてきたこと、つまり実行してきたことによっても、それなりの差がついていることは確かです。

大した革新でなくても差別化が図れるのが私の業界、と言ってもいいでしょう。
それくらい私の業界は保守的ですので、他人のやっていないことをちょっとやるだけでも差別化は図れたのです。

同じことが他の経営者にも言えるのではないでしょうか。
どんな業界も業界そのものを俯瞰して見ると大抵は保守的です。
その中でちょっとでも新しいことに手をつければ差別化は図れるものです。

業界が保守的ということは、やるべき新しいことにほとんどの同業者は手をつけていないということになります。
今すぐやらなければならない新しいことに、とにもかくにもなんとか手をつければ、他に抜きんでることは可能です。

但しこれも、こちらがグズグズしていて、時間が経過すればするほど、差別化を図ることは難しくなります。
世の中の変化のスピードが速く、要求されるレベルが全体に上がってくるからです。

自分自身はなんとか変化していても、業界そのものが対応できていない場合、その業界全体が世の中に必要ないものとして潰されてしまう可能性があります。
最悪、そうなったとしても、先んじて世の中の変化に対して手を打っていた経営者は、その業界の動向とは関係なしに生き残ることができるでしょう。

こうやって考察してくると、変化に対して手を打たないというのはあり得ない話なのではないでしょうか。
変化して当たり前、とも思えてきます。

但し変化にはリスクがつきものなのも事実です。
そのリスクを少しでもヘッジするのがパートナーである我々会計事務所でもあるのです。

これからも変化を前提として、我々を有効活用していっていただきたいと思います。



変化することにチャレンジしてください。


おしまい

この記事を書いたプロ

海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(海江田経営会計事務所 )

Share
関連するコラム

海江田博士プロのコンテンツ