マイベストプロ大阪

[事業承継]の専門家・プロ …6

大阪府の事業承継の専門家・コンサルタント

大阪府に拠点を構える事業承継に関する専門家、プロのプロフィール、実績、コラム、費用や口コミ、評判などから相談相手を探せます。経営者の年齢が60歳を超えている企業は全体の7割以上後継者にのぼり中小企業、零細企業における後継者問題は大きな課題となっています。「現金」「資産」だけではなく継続して事業を行い培ってきた信頼や顧客基盤なども引き継ぐことにで、経営のバトンタッチを行い事業を継続する取り組みは、家族や親族も後継の意思がなく「後継者が見つからない」「資質不足」などから廃業をせざるを得ない企業が増えています。また、事業をを引き継ぐ側には贈与税、相続税などがかかってきます。さまざまな優遇制度がありますが複雑になりますので専門家を活用することをお勧めします。融資における個人保証、税など検討すべき課題が多くあります。事業承継はが事前準備が重要です。数年後の事業承継、場合によっては廃業を検討しているケースでもあらかじめ専門家へ相談をしておきましょう。資産の棚卸や経営者の意向などを中心に後継者探し、手続きなどのサポートを行ってくれます。

現在の検索条件

大阪府×事業承継

フリーワードで絞込み

1~6人を表示 / 全6

松井孝允

このプロの一番の強み
資金の循環をスムーズにすべく、外科的内科的処置を行う

[大阪府/事業承継]

経営の問題は、資金の問題。流れを変えて、資産を貯める、殖やす、遺す、次代に繋げる、をサポート。

「商売を始めたい、事業を興したい」と思ったときに、避けて通れないのが“資金”の問題。大東市で松井税理士事務所を開く松井孝允さんは、「事業にまつわる資金の悩みを、金融機関との橋渡しをすることで解決し、...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
会社/店名
松井孝允税理士事務所
所在地
大阪府大東市深野北1丁目12-27

東野修次

このプロの一番の強み
中小企業の事業再生・事業承継

[大阪府/事業承継]

中小企業の事業再生を支援するプロジェクトチームを設立

 関西を中心に10年以上、弁護士活動を行ってきた東野修次(とうの しゅうじ)さんは、公認会計士と一緒になって、関西の中小企業の「事業再生」・「事業承継」を支援するプロジェクトチームを立ち上げました。民...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
・中小企業の事業再生
会社/店名
東野&松原&中山法律事務所
所在地
大阪府大阪市北区中之島2丁目2番2号  大阪中之島ビル10階

池内宏征

このプロの一番の強み
多方面から財産管理をサポートする「相続の処方箋®️」が強み

[大阪府/事業承継]

「認知症財産」のゆくえを守る、家族信託のすすめ

 現在の日本における「高齢者」は、65歳以上と定義されています。政府によると、7名に1名の割合で認知症を発症している方がいるといいます。この数字は、国民のじつに14%の割合です。さらに2025年には、その割合...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士、 行政書士、 家族信託専門士
専門分野
会社/店名
司法書士法人リーガルエスコート 行政書士事務所リーガルエスコート
所在地
大阪府大阪市西区京町堀1-13-19  大建設計大阪ビルWest6階

山形輝雄

このプロの一番の強み
オーダーメイド経営計画から見える課題を様々な面からサポート

[大阪府/事業承継]

経営計画を基に総合的なサポートを行う「かかりつけ税理士」

経営の課題について気軽に相談出来る「かかりつけ税理士」、山形税理士事務所&Cの山形輝雄さん。 オーダーメイドで「経営計画」を作成し、補助金申請はじめ資金調達、節税対策などにもつなげる経営サポートを...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
税務、会計、経営計画
会社/店名
山形税理士事務所&C
所在地
大阪府大阪市天王寺区堀越町9-8  協進ビル202号室

小原望

このプロの一番の強み
国際取引や英文契約書作成・審査業務の支援・サポート

[大阪府/事業承継]

国際的視野で「交渉」や「契約」の大切さを広めたい

「国際取引や英文契約、紛争解決などと言うと、国家レベルや一部の大会社だけの話、個人や中小企業には無縁……そう思われてはいませんか?でも、実は思いのほかとても身近な問題なんですよ」 そう教えてくれる...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士、 弁理士
専門分野
国際取引/英文契約書作成・審査ほか
会社/店名
小原・古川法律特許事務所
所在地
大阪府大阪市北区南森町2丁目2番7号  シティ・コーポ南森町902

辻村登志子

このプロの一番の強み
人と人とのつながりを大切に、計画段階から親身にサポート

[大阪府/事業承継]

新しいスタートを切るシニア世代の起業を親身にサポート

 シニア世代になっても元気で活躍する人が増えている現在、定年後の第二の人生のスタートにあたり、起業という選択も多くなっています。シニアの企業支援に力を入れている「辻村会計事務所」の代表税理士・辻村...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
シニア世代を中心とした会計面での起業支援
会社/店名
辻村会計事務所
所在地
大阪府大阪市北区 野崎町6-7  大阪北野ビル603

この分野の専門家が書いたコラム

コロナ対策資金繰活用法(10) 補助金採択の手順

 私が小規模事業者持続化補助金を採択されるためには何をするのかについての舞台裏を述べようと思います。立派なタイトルとは違い中身は「地味」です。今回のキーワードは「地道」です。また、体験談ですから決して普遍化できませ...

コロナ対策資金繰活用法(9) 補助金採択までの道

 関連会社ですが、当方に小規模事業持続化補助金採択されました。ここに到るまでの補助金支援は敗北の歴史でした。今回はこの敗北を踏まえて補助金申請期を振り返ります。  中小企業向け補助金として「ものづくり補助金」「創...

コロナ対策資金繰活用法(8) 似て非なる補助金と給付金

新型コロナウイルスに係る売上低下に対応する資金対策としては大きく分けると借入金支援、補助金、給付金があります。この中で仲間外れは、と聞かれますと充てる焦点によって異なりますが、今回は補助金と給付金の異同を考えます。...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?

認知症対策であり遺言機能もある家族信託は遺言とどう違うのか?

2019-03-29

自身の財産に関して生前に何も対策をしていない場合、相続人は法定相続分という法律で決まっている割合で遺産分けをすることになります。これに対して、法定相続分と異なる配分で遺産分けをしたい場合、遺言書の作成もしくは認知症対策にもなる家族信託契約をする必要があります。家族信託と遺言はどこが違うのでしょうか?

認知症になる前にできることの基礎知識

認知症になる前にできることの基礎知識

2019-03-06

元気な間に自分が具体的な権限を託す家族信託契約をすることによって、意思判断能力が低下した後も、託された方が本人の代わりに合法的に財産管理をすることが可能になります。今回は、家族信託について解説します。

他の地域から事業承継の専門家を探す