まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
平松幹夫

講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

お電話での
お問い合わせ
090-4573-1062

コラム

マナーうんちく話1668《結納!する、しない。本当はどうなの?②》

結婚のマナー

2018年5月9日

結婚とは一組の男女が、それぞれの家から離れて、婚姻関係を結び、協力して新しい家庭を作り、その営みをスタートさせることです。

昔は家と家のつながりに絶対的価値が置かれていたので、結婚するには親の承諾が必要で、いろいろな儀礼を執り行いました。

しかし最近は、自由とか、個性とか、自分らしさ、二人らしさが尊重され、結納や結婚式を省略することも珍しくなくなりました。
恐らく大半のカップルが結納は行わないという状況でしょうか・・・

勿論行う、行わないは自由でカラスの勝手でしょう。

では結納は本当に不要なのでしょうか?

男性と女性の結婚する意志が固まれば、二人の間で結婚の約束を交わすことになり、結婚に向けてスタートを切ります。
その第一歩が「婚約」です。

将来結婚することを約束する婚約は、堅苦しい手続きは不要で口約束だけでもいいでしょう。

しかし二人とも一人というケースは珍しく、ほとんどの場合は親も家族も親族もいるでしょう。

二人を取り巻く人も決して無関心ではいられません。
大きな喜びもあるし、心配も不安もあります。
大変めでたいことだからお祝いもします。

そこでこの婚約をより明確にして、周囲に知らせる必要が生じます。

婚約を確認する方法はいろいろあります。
例えば指輪やネクタイピンなどの婚約の記念品を交換したり、婚約通知状の発送、また婚約披露パーティーを開催することもありますが、最も一般的には結納を取り交わす方法だと思います。

しかし今、この結納の儀式を省略するカップルがふえているようですが、なぜでしょう。

理由は「堅苦しいことは嫌い」「経費の節約」「家と家の結びつきが薄らいでいる」などが多いようです。

いずれも「なるほど」とうなずける理由ではないと思うのですが・・・。
次回は結納の具体的な効果に触れます。

この記事を書いたプロ

平松幹夫

平松幹夫(ひらまつみきお)

平松幹夫プロのその他のコンテンツ

Share