マイベストプロ京都

コラム

自分の悩みは解決できないのに、他人の悩みはすぐ解決できる

2022年9月22日

テーマ:心理学コラム・心理テクニック

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

どうしても仕方のないことですが
自分の態度や振る舞いなど、自分でやってることは自分ではわからないし(自分がどういう状態なのか気づけない)
他人が見たら人の態度はよくわかるものです。

ですから人に何か悩み事を打ち明けたとしても
他人はこうしたら良いじゃないか、何だそんなことでと解決策を提案したり
すぐにアドバイスをして軽くあしらわれてしまいます。

誰が悪い、何が悪いというわけではないですけど
ちょっとした相談事ならもちろん
それが重い内容の相談事だと、人は他人の悩みにいつまでも構ってられないですから
なるべく早く済むようにしてまともに取り合おうとはしないのです。

もちろん悪気があるわけではありません。
相談される方も容易に応えられないため、どうしてあげたら良いのか困るのです。

できれば心理カウンセリングのように、ほんとはただ受け止めてあげれば良いのですが
困ってる人がいれば何とかしてあげたいというのが人の心情ですし
親密度によって相手に求めること(相手に対し何を望んでるのか?どうしてほしいのか)も違ってきますので
そう簡単に受け止めるだけという事はできません。

ただし人は他人の振る舞いはよくわかりますから
もう少しこうした方が良いんじゃないかとアドバイスできるのです。

つまりよくわかるから、アドバイスできるから簡単にしてしまう。

他人にアドバイスを求めてなくてもそういう反応が返ってくるのは自然なことであり
どうしても仕方のないことなんです。
人に相談事を持ちかけるというのはこういうことであるとしっかり認識し
それでも構わないなら覚悟の上で相談してみましょう。

もしそういうことを望んでないのであれば
やはり心理カウンセリングのように相談のプロに相談することをオススメします。

ただ心理カウンセリングでは解決を目的としていないこと。
そして具体的な解決策やアドバイスをしてもらうものではないことをお忘れないように。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(京都カウンセリングラウンジ)

Share

関連するコラム

宮本章太郎プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-432-0901

 

ご予約、お問い合わせ、お気軽にお電話ください。お待ちしております。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本章太郎

京都カウンセリングラウンジ

担当宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

地図・アクセス

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2022-09-26
rss
ブログ
2022-09-26
youtube
YouTube
2022-06-04
facebook
Facebook