マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

コラム・ブログ・メルマガのネタ探し

2019年1月7日 公開 / 2019年4月22日更新

テーマ:困ったらハウツー

ネタ話


ブログ記事を一日に数回上げている芸能人やブロガーの方がいます。しかも毎日ね。継続は武器やなぁと尊敬します。

過去の経験を書くなら64年も生きてますからネタは尽きないはずですが、何でも書けばいいというわけでもなく、「読者の方に役に立つこと」生意気にこれを考え出すととたん書けなくなります。

ネットや本でネタ探しをするのですが、モチベーションが上がりません。 こんな状態が続くと継続できなくなりいつの間にかフェードアウト。

こんな状態から書けるようになる2つのコツを見つけました。

その1、新たな体験をすること

オフィスにこもって仕事をしいても、新たな体験がないとアイデアは湧きません。旅行や出張で起こったハプニングやセミナーや交流会の出会いなど、新たな体験さえあればネタはなんぼでもころがってます。

その2、環境を変える

仕事をルーティン化して効率よくするのはいいのですが、たまにはいつもと違う変化が必要です。つまり、例外をつくるのです。


ペン


例えば、カフェでブログを書いてみたり、1時間だけ本屋に行ってみたり、雑踏で人の動きを観察したり、ブログネタがなくなったら新たな体験と環境を変えてみる。但し、お勤めの方は制限がありますが、そこは工夫です。

かつてハウツー本からネタ探しをしてたこともありましたが、後で読み返しても面白くありません。比べて体験したネタは、ストーリー性があるので、読者の方が同じような体験をしていると共感してもらえます。

小ネタでも書き始めると作業興奮で自然に話しが膨らんできますよ。



【小さな実践】
悪循環から抜け出すのは、負のループの中に1つだけ変化をつくり、合わないと思ったら次の変化をつくる。これを繰り返すと良循環が生まれる



 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(OFFICE SAELA)

Share
関連するコラム