まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ鹿児島
海江田博士

有効な経営革新支援でより強い経営を目指すプロ

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

コラム

趣味について考える―人生、本当に必要なものは?―Ⅰ

自分を振り返る

2018年6月18日

[私が無趣味であることに気が付いていないのでは?]

私には特に趣味といったものがありません。
まあそのことで特に困ったということもありません。

アンケートとかで「趣味の欄」に記入しなければならないときは、一応「読書」とか「散歩」と書くけれども、実は読書や散歩を趣味と思ったことはないのです。

そもそも、この趣味の欄になにか書き込むこと自体苦手なのであります。
昔、苦し紛れに「飲酒」と書いたことがありましたが・・・
その唯一「趣味かな?」と思っていたお酒も、なんだか身体があまり受け付けなくなって、最近では飲む機会もすっかり減ってしまいました。

ゴルフが好きな人はおそらくなんの迷いもなく「ゴルフ」と書くだろうし、「釣り」や「山登り」や「温泉巡り」或いは「ペット」などをあげる人も多いのではないかと思います。
そういう意味では堂々と「私はこれが趣味です。」と言えるものはないなあ、といつも思うのです。(別に、堂々と言う必要もないのですが・・・・)

よく「年を取ったら、なんか趣味を持っていないと寂しいよ。」なんて言われます。
そういう意味では私もいい年なわけですから、趣味の一つも持っていてしかるべきなのでしょう。

さてそれでは、このさしたる趣味もない私が、寂しい思いをしているかといえば、まあそうでもありません。
「海江田さん、あんたはなんの趣味もなくてつまんないだろう。」
と、他人に言われたこともないのです。

おそらく周りは、私が無趣味であることに気が付いていないのではないかと思います。
さて、そんな私は、普段いったい何を考えながら生きているのでしょうか。



読書は趣味かなあ・・・最近買った面白そうな本。

つづく

この記事を書いたプロ

海江田博士

海江田博士(かいえだひろし)

海江田博士プロのその他のコンテンツ

Share

海江田博士プロのその他のコンテンツ