マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 従業員のSNS利用、企業は規制すべきか?

従業員のSNS利用、企業は規制すべきか?

カテゴリ:
ビジネス

SNS全盛の今、利用禁止には異論も

従業員のSNS利用、企業は規制すべきか?

プロ野球の読売ジャイアンツが新人選手に対し、ツイッターなどのSNSの利用を禁止したことが話題になっています。SNSの利用までを禁止するという対応には、異議を唱える人もいますが、これだけ情報流出や炎上騒動などが多発し、様々なリスクがあることを考えれば、やむを得ない対応なのかもしれません。

しかし、このようなSNSの利用を制限することがビジネス上の成長を阻害するようなことにもつながってしまうので、企業規模や業種、企業風土などを含めて、その規制の程度を考えていくべきでしょう。

従業員に対して、SNSの利用を完全禁止することはできない

現在のように、これだけSNSでトラブルが起きるなら、「プライベートでも一切利用禁止」という会社が出てきても不思議ではありません。しかしながら、一般の企業が従業員にSNSの利用を完全に禁止することができるのかというと、それはできません。企業が従業員のプライベートまでを監視して、表現の自由を奪うようなことは労働基準法等の法律の観点からもできないのです。また、従業員のSNS利用を届出制にすることも、企業による行き過ぎた私的生活への干渉とみなされる恐れがあるので、注意しなければなりません。

業務上での利用を制限するのは問題ありませんが、企業はプライベートにまで介入して利用禁止することまではできないため、SNSを利用する上での規制を設け、就業規則に規定し、ガイドラインを作成するとともに、それを理解させるための従業員教育が重要になってくるわけです。

規制を強化するのではなく、上手に使いこなしてもらうように

SNSの利用に関して厳しい規制をかけたとしても、それが単なる社内の朝礼や会議で担当部署の人や上長から軽く話したくらいでは、あまり効果はありません。また、規制をかければかけるほど隠れてやる人はどこにでもいるもので、「自分は大丈夫」と思っている人が問題を起こしたりするものです。

それでは、SNSの利用に関して、就業規則に別途規定し、細かくガイドラインをつくれば良いかというと、それだけでリスクを回避することはできません。実際に、具体的な書き込み内容の事例を含めて詳細に規定するとすれば、対象が広すぎて内容も膨大になってしまいます。誰も読まなくなってしまう恐れのあるガイドラインでは意味がありません。従業員が理解できる範囲のもので、求められる基本的な行動や会社のSNSに対する考え方を示すのが良いでしょう。あとは、事例なども含めて社員研修などを同時に行うことで、より実際の事例やトラブルになった原因を分析したり、問題の本質について一緒に考えたりする機会を設けることで意識を高めるようなものが理想的です。

現代において、従業員がSNSを利用することで得ることができる企業側のメリットはたくさんあります。規制をかけすぎれば企業間の競争に負けてしまいます。規制の強化ではなく、SNSというツールの特徴を理解し、上手に使いこなすことができるように奨励していくというスタンスが今後は求められるのではないでしょうか。

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚さん(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share

関連するその他の記事

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

広がる「黒字リストラ」 年齢が問題ではない?対象になるのはどんな人?

2019年「黒字リストラ」を実施する企業が増加。2020年も、この流れは続くようです。企業の動向と働く側が意識しておくべきことは。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す