マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 妊娠・育休トラブル増加。企業ができる予防策

妊娠・育休トラブル増加。企業ができる予防策

カテゴリ:
ビジネス

妊娠・育児休業の取得率は徐々に上がるもトラブルが増加

妊娠・育休トラブル増加。企業ができる予防策

安倍首相は、成長戦略の実行に向け、女性の活用を重視する考えを今年に入ってあらためて示しています。しかしながら、出産前に仕事をしていた女性の約6割が出産を機に退職しているという状況は大きな問題となっております。

一方で、育児休業制度は、法律も頻繁に改正され、従業員にも浸透し始め、取得率も徐々に上がってきていますが、それと同時に妊娠・育児休業に関して企業とトラブルになることも増えてきています。企業側の対応に問題がある場合もあれば、お互いのボタンの掛け違いが原因のようなものもあり、トラブルの種類も様々です。

そこで今回は、妊娠・育児休業トラブルの種類やトラブル予防のために企業ができることをまとめてみます。

出産・育児休業の法律や基本ルールを理解し、遵守する姿勢が重要

中小企業の中には、労働基準法や育児・介護休業法の規定をまったく無視して、女性社員が妊娠すると退職勧奨するところもあります、また、育児休業後に「やってもらう仕事がないから」と言って、職場復帰を拒否したりするところも少なくありません。

従業員側も今までならそのような不利益な扱いにも泣き寝入りすることが多かったものの、近年はインターネット上に情報があふれ、法律にも詳しい人が増えてきて、すぐにトラブルに発展してしまうようになりました。都道府県の雇用均等室に申し立てる従業員もおり、企業防衛のためにもトラブルを予防する仕組みが一段と重要になってきています。トラブルの種類としては下記のようなものが多くなっています。

<妊娠・育児休業のトラブルの種類>
・妊娠又は出産に伴い、退職勧奨・解雇
・妊娠又は出産に伴い、労働条件の不利益変更(賃金・職種など)
・必要な社会保険・雇用保険の手続きのミスや漏れ
・育児休業の取得を拒否
・育児休業後の職場復帰を拒否・復帰後の配置転換
・妊娠中や職場復帰後の遅刻・早退・欠勤・短時間勤務に関すること
・就業規則・育児休業規程の不備、規定どおり運用されていない

このようなトラブルを防ぐためには、企業側は、まずは法的に規定されている出産・育児休業に関連する法律や基本的なルールを理解し、遵守しようとする姿勢が最も重要です。次に、就業規則や育児・介護休業規程を完璧に整備するとともに、常に関連する実務レベルでの運用面の課題も早急に解決しなければいけません。育児・介護休業法は特に法律の改正が頻繁にあるので、その点も強く意識しておく必要があるといえます。

「出産・育児休業制度運用マニュアル」の作成がオススメ

各企業は、妊娠・育児休業・職場復帰に関する制度運用マニュアルを作成することをオススメします。できるだけ図をたくさん使い、大体の流れについて作成しておくと良いでしょう。実務担当者はマニュアルがあれば手続き漏れなどを防ぐことができますし、従業員側も企業担当者への不信感を払拭することができます。

さらに、従業員側にも同じようなマニュアルを渡しておくと喜ばれます。特に社会保険や雇用保険から給付されるお金に関するところは、生活に直結しており、ちょっとしたことでトラブルになるケースを見かけるので、予防にも大いに役立ちます。

最後に、企業側が従業員との話し合いを避けると何事もうまくいきません。妊娠が発覚した段階から上司にあたる人が質の高いコミュニケーションを小まめにとることが何よりも大切なポイントとなることを忘れないでください。

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚さん(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share

関連するその他の記事

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

広がる「黒字リストラ」 年齢が問題ではない?対象になるのはどんな人?

2019年「黒字リストラ」を実施する企業が増加。2020年も、この流れは続くようです。企業の動向と働く側が意識しておくべきことは。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す