マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 美容・健康
  4. いつまでも健康的な白い歯でいるために オーラルケアに関する意識調査

いつまでも健康的な白い歯でいるために オーラルケアに関する意識調査

カテゴリ:
美容・健康

オーラルケアにより「美と健康」が手に入る!?

今、日本人のほとんどの方がオーラルケアを気にしています。何から手をつけたらわからない、自分のお手入れはあっているのかなど、トータル的なオーラルケアの悩みをスッキリ解決できていないことが問題にされています。
また、誰に聞いたらわからないなどもありこの度、歯科医師の山内佑記先生に、わかりやすくオーラルケアによる意識調査を交えてお話を伺いました。

オーラルケアで最高の笑顔を届けたい。オーラルケアにより”美と健康”を手に入れることができます。
本当の美しさは、インナービューティーから始まります。食べること、口腔内環境、唾液や歯質の改善や、腸内環境の改善によって、肌や、免疫力のアップ、そしてホルモンバランスが良くなり幸せへとつながります。本当の健康は、心とカラダのバランスが大切です。

奥歯の噛み合わせは、運動能力、姿勢につながり、左右のバランスを保ちます。噛むことによって、脳への血流も促したくさんの病気の予防にもつながります。からだの健康・美容は常につながっています。美と健康を手に入れると、自然と心から笑顔になれます。どんなに素敵な化粧や服も、笑顔に勝るものはありません。笑顔は、誰からも愛されるキーワードであり、最高のアクセサリーなのです。その笑顔に必要な歯のケアについて、情報を発信することで、きっかけや学びになっていただければと思い、「Happiness with dental care」というオーラルケアに関する意識調査資料を作成しました。

オーラルケアに関する意識調査

オーラルケアに関する意識調査結果は次の通りです。なお、調査対象は歯医者に来院された方になっており、一般的な方よりも歯に関する意識は高い傾向にあります。

1、歯について誰かに教えてもらったことはありますか?
はい 66,5%
いいえ 33.5%
教わったことがある人が多いのに対して、国民の8割が歯周病なのはなぜなのか?知って
いても実行しないだけなのか?もしくは、教えてもらう内容に問題があるのか?知ったか
らといってそのまま予防につながるわけではありません。

2、お口のケアは気にしていますか?
はい 95.1%
いいえ 4.9%

3、歯科医院は、年間通じて定期的に通っていますか?
はい 51.9%
いいえ 48.1%

ケアを気にしているのが95%なのに、専門的なケアをできる歯科医院への受診率の悪さが
目立ちました。定期的に歯科医院へ通院し、健康を大切にしている方が半分もおられたこ
とはとても嬉しいですし、現在通っているところで一生大切にしてほしいです。
4、歯の色は気になりますか?
はい 90.3%
いいえ 9.7%

5、ホワイトニングをしていますか?
はい 74.8%
いいえ 25.2%

6、ホワイトニングをしている方にお聞きします。どんなケアをしていますか?
歯科医院でオフィスホワイトニング 45.5%
ホームホワイトニング(歯科医院で型取り・液体購入) 29.1%
セルフホワイトニングサロン 5.5%
ホームケア(市販のホワイトニング剤)23.4%
薬局で購入 0%
ホームホワイトニング(歯科医院で型取り・液体購入)14.5%

7、笑う時に歯に自信はありますか?
はい 73.8%
いいえ 26.2%
 
歯の色が気になる方がとても多いことがわかりました。歯周病、虫歯ケアとホワイトニングケアは異なります。口腔内をきれいにすればホワイトニングの効果は持続します。ホワイトニングの効果は清潔感がある。口臭予防笑顔に自信がつくなどありますが、自宅でもケアができます。するのとしないとではとても大きな違いが出てくるのが歯の色です。効果のある歯磨き粉やホワイトニング剤があるので、是非試してみてください。

8、毎日のお口のケア用品を教えてください。(毎日使うもの)
歯ブラシ 94.2%
フロス 31.6%
歯間ブラシ 28.7%
舌ブラシ 16.5%
マウスウォッシュ 27.2%
タブレット 4.9%

部屋の掃除をする時、箒だけで全ての汚れは取れますか?ぞうきんや、スポンジ、掃除機やちりとりなど。またそれに伴った洗剤。お口の中もケアをする部位によってそれぞれ変えていくと効率よく汚れを落とすことができます。

オーラルケアによる意識調査まとめ

ホワイトニングに対する意識がとても高い傾向にあります。また、毎日使うオーラルケアとして「歯ブラシ」があげられます。一生ものの歯科医の先生に自宅でのセルフケアを教わって、教わったままにせずに実践することで健康的な歯と付き合えます。オーラルケアによって身体と心をいたわることができるので今後も知識だけにせずに実践していくことの重要さを痛感いたしました。

上野由理

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

美脚専門家

上野由理さん(サロン・ド・コンソラーレ)

Share

関連するその他の記事

寒くなるこれからの季節ヒートショックに注意!

これからの寒い季節、増えてくるのが「ヒートショック」です。近年、ヒートショックという言葉はかなり周知されてきましたが、改めてその原因・対策についてご紹介いたします。

比嘉計

比嘉計さん

故人の尊厳を大切にする特殊清掃・遺品整理のプロ

20~30歳代の膝痛は歩く時の習慣が原因?膝の痛みを治すには!?

変形性膝関節症は、高齢者に見られる症状です。中高年の方が急に運動すると、半月板や十字靭帯など明らかに関節を損傷して膝痛が発症します。関節に異常が見られるときは速やかに専門医(整形外科医)や柔道整復師の診療を受ける必要があります。一方、さしたる原因がないのに、膝に痛みを覚えている人も少なくありません。多くの場合は、上体の重さを左右の脚で均等に支えていないことが原因だと思われます。本記事では、そんな膝の痛みの解消法についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

鎮痛薬の飲みすぎで頭痛が起きる!?薬に頼らない頭痛対策は?

新型コロナワクチンの副反応に対し、接種後の備えとして鎮痛薬を買い求める人が急増しています。中には痛みが出ることを回避したいという心配から、症状が出ていないにもかかわらず鎮痛薬を服用している人もいるようです。ここで心配されることは、薬を多飲することによる頭痛です。本記事では、薬に頼らない頭痛対策についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

眼の疲労回復にはローソクの炎が有効!? 視力回復にも役立つ?

新型コロナウイルスの感染拡大により、自宅で過ごす時間が長くなっている今日、パ ソコンを見る機会が多くなっていると思われます。それに伴うのは、眼の疲れです。本記事では、目の疲労回復方法についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す