マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. コロナ禍でのストレス解消と免疫力アップの涙活にチャレンジ!

コロナ禍でのストレス解消と免疫力アップの涙活にチャレンジ!

カテゴリ:
ビジネス

泣く活動『涙活(るいかつ)』について

私は感涙療法士として、意識的に泣いてストレスを解消する『涙活』を行っています。多くの方は新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が長くなっています。家での過ごし方は、それぞれあると思いますが、テレビやネットで映像を観て過ごす方も多いのではないでしょうか。そんな方には、ぜひ、涙活をしてほしいです。

涙活とは、意識的に泣くことでストレスを発散する健康法です。涙を流すことによって、自律神経が緊張や興奮を促す交感神経から、脳がリラックスした状態である副交感神経が優位な状態へとスイッチが切り替わります。交感神経とは、身体を動かしたり、緊張したり、ストレスがかかっている時に働く神経です。一方、副交感神経は、寝ている時やリラックスしている時、体力を回復する際に働きます。通常、起きている時には交感神経が優位に働いていますが、泣くとリラックスしている時と同じ副交感神経が優位な状態になります。すると、脳も癒され精神的なストレスまでもが解消されていきます。

新型コロナウイルス感染予防対策にも涙を流すことが有効である理由

泣くことによって、免疫力を左右するリンパ球が活性化し、身体の中から病気の原因となるウイルスを撃退してくれます。また、同時に体表面を守る免疫物質IgAの活動も高まり、目や口などから侵入するウイルスをブロックし、感染症にかかりにくくなります。つまり、泣くことによって身体が内と外から強化され、様々な病気の予防に繋がるのです。

在宅勤務等が契機で今増えている「テクノストレス眼症」の予防にも

長時間、コンピュータやテレビゲーム、携帯電話などの画面を見ていると、目に疲れが出たり、肩や首、腕が凝ったりしてきます。人によっては、心的にイライラしてきたり、不安な気持ちになったりします。そんな症状に悩まされている人は、「テクノストレス眼症」かもしれません。パソコンなどのディスプレイを使った作業が原因で、目をはじめ心身に影響が出る疾患です。症状がひどくなれば、涙の量が少なくなり眼球の表面が乾燥し、傷や障害が生じやすくなる「ドライアイ」や「心身症」などの病気を引き起こすことにもなりかねません。涙を流して目に潤いを与え、ストレス解消をしましょう。

効果的に涙を流す方法

効果的に泣くには、自分だけの泣きのツボを見つけることが必須です。泣けるツボは人によってそれぞれ異なります。恋愛もの、家族もの、動物もの、アスリートものなど自分が泣ける分野を知っておくと泣ける題材を見つけやすくなります。時間帯は、朝、昼よりは、夜に涙を流すことがおすすめです。人間の身体は、朝、起きるとともに活発になり、夜に向かって、身体がリラックスしていくようにバイオリズム上、作られています。夜のほうが泣きやすい状態になっています。アロマやお香を焚くのも、より泣きやすい環境づくりとしてよいと思います。そばにハンカチやティッシュを置いておくと心理的に泣くことに対するハードルも下がるので、おすすめです。

吉田英史

「涙活」でストレス解消に導く感涙療法士

吉田英史さん(涙活事務局)

Share

関連するその他の記事

テイクアウト・デリバリーに生き残りをかける飲食店。持ち帰り商戦の今後は?

街ではたくさんのウーバーイーツの配達員が行き交うなど、人々もその手軽さ、便利さを実感しはじめているようです。こうした新しい営業形態は今後も私たちの生活に定着するのでしょうか。経営コンサルタントの三上康一さんに聞きました。

三上康一

三上康一さん

ロードサイド店舗の儲かる仕組みを構築する専門コンサルタント

パワハラ防止法の施行により企業に対策を義務付け。職場環境の改善には何が必要?

今回のパワハラ防止法の施行を機に、企業や労働者一人一人がハラスメントをどのように理解しコントロールするべきか、アンガーマネジメントコンサルタントの町田仁美さんに聞きました。

町田仁美

町田仁美さん

未来を変えるアンガーマネジメント・コーチングのプロ

自治体トップの「女性は買い物に時間がかかる」発言に違和感。男女間の無意識の思い込みが企業の人材活用にも影響?

男女間の偏った思い込みに違和感を抱く女性の声がSNSでも話題に。企業や組織の中で、個人の能力がもっと生かされるためには?弁護士・中小企業診断士の中澤未生子さんに聞きました。

中澤未生子

中澤未生子さん

女性経営者の志に寄り添い、サポートできる専門家

ブルゾンちえみが本名で活動を決意。30代女性がキャリアアップやキャリアチェンジに気づくタイミングとは?

ある程度社会経験を積んできた30代女性の多くがキャリア形成や人生の方向性に苦悩しています。悩める女性の人生の転換期について、キャリアコンサルタントの大地良枝さんに聞きました。

大地良枝

大地良枝さん

「私を演じる」女性のライフキャリアのあり方提案のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す