マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. コインチェック事件から4か月。その後の仮想通貨の動向は?取引額は昨対で増加傾向に!

コインチェック事件から4か月。その後の仮想通貨の動向は?取引額は昨対で増加傾向に!

カテゴリ:
ビジネス
解決!アスクミー JIJICO

コインチェック社の流出事件以降も仮想通貨の取引は拡大している

仮想通貨交換業者であるコインチェック社から仮想通貨NEM約580億円分が不正流出した事件から、ほぼ4か月が経過しました。その後、仮想通貨交換業を行う登録業者やみなし登録業者に対して金融庁が立入検査を行い、様々な内部管理態勢等の不備が把握されました。その他にも、

  • 仮想通貨の価格が乱高下する一方で投資者保護が不十分
  • 仮想通貨による資金調達などの新たな取引の登場

といった様々な動きが見られます。

それでは、現在の仮想通貨の取引状況はどうなっているでしょうか。

金融庁の「仮想通貨交換業等に関する研究会」において、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会から提出された資料によると、代表的な仮想通貨であるビットコインのグローバルでの1日当たりの取引量は、以下の通りでした。

  • H29.03.31:501億8千万円
  • H30.01.05:2兆6902億715万円(年度内の最大取引量)
  • H30.03.31:4837億4千万円

その後も、世界で発行されている仮想通貨などの時価総額、取引価格、取引量などがわかるコインマーケットキャップというサイトによると、ビットコインは直近24時間で5500億円以上の取引がされています(2018年5月23日時点)。すなわち、現在は1日で5500億円以上の取引が発生している=月刊に換算すると約17兆円規模という状況です。

つまり、昨年度の取引量は今年の1月にピークを迎え、その後の一連の事件や規制強化等により取引量は減少したものの、結果的には昨年度末から1年間で1日の取引量が約10倍となっています。そして現在も取引量は増え続けているという状況です。

参考:コインマーケットキャップ(https://coinmarketcap.com/

仮想通貨交換業者に大きな変化!増える大手企業の参入

コインチェック事件までの仮想通貨交換業者は新興のベンチャー企業が大半でした。金融庁は2017年4月に改正資金決済法を施行し、仮想通貨交換業の登録制を導入しましたが、登録申請は文書審査だけであり、かつ登録前でも法施行前に営業していれば「みなし業者」とする等、ほぼ野放し状態でした。

大手IT企業やネット証券界会社の参入が目立つ

しかしコインチェック事件以降、不正流出の手口の解明や金融庁の立入検査により、仮想通貨交換業者のずさんな管理体制が明らかになると、仮想通貨交換業者にも多大なセキュリティ投資やガバナンス構築が求められるようになりました。その結果、みなし登録業者の幾つかは仮想通貨交換業者の登録申請を取下げ、事業から撤退することになりました。その一方で、大手のIT企業やインターネット証券会社による新規参入の動きが相次いでいます。

    • マネックス証券:コインチェック社の買収
    • SBIグループ:子会社を仮想通貨交換業者として登録し、営業開始の準備中
    • ヤフー:子会社を通じ、ビットアルゴ取引所東京に資本参加
    • その他…メルカリ、LINE、サイバーエージェント等も参入準備中

    大手の参入による消費者保護の拡大・通貨安定化に期待

    こうした大手企業はセキュリティ対策の重要性も認識していることから、コインチェック事件の様な事態が発生する可能性は低くなると考えられます。(絶対、とは言えませんが)また、仮想通貨取引を行う消費者の保護に力を入れることにもなるでしょう。また、仮想通貨の価格の乱高下を抑え、安定化させる効果も期待できます。

    重要なのは既存の仮想通貨ではなくブロックチェーン技術

    新規参入する大手企業の目指すところは何処にあるのでしょうか。短期的には仮想通貨取引における高い利益率にあると考えられます。仮想通貨交換業者の取引形態によっては、利ざやが最大10%にも達すると言われています。コインチェック社が約463億円の補償ができたのも、この高い利益率に基づいているとも考えられます。

    しかし、新規参入組は目先の利益だけに囚われている訳ではありません。まずはブロックチェーン技術の習得です。ブロックチェーン技術は仮想通貨の取引を記録するものであり、いわゆるFinTechを支える重要な要素技術の一つです。その後、独自の仮想通貨を発行したり、自社グループ内の決済サービスに仮想通貨を利用したりすることも視野に入れているでしょう。仮想通貨はこうした大手企業の信用を背景にして、現状の投機的商品から、本来の決済手段としての働きを実現することができるのかもしれません。

金子清隆

ITの有効活用・コスト見直しに強いコンサルタント

金子清隆さん(デルタエッジコンサルタント株式会社)

Share

関連するその他の記事

発達障害のある人を生かす仕事術とは?仕事が遅いといわれる理由

精神障害や発達障害がある人の働き方を支援するべく行政、企業ともにさまざまな取り組みを行っています。発達障害を持った人と仕事をしていく上でどのようなことに気を付けるべきかについて紹介しています。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

大手百貨店で導入された女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」。多くの批判を受け、取りやめを決定しました。女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

神野沙樹

神野沙樹さん

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

インフルエンサー採用でSNSの人気者を優先採用?メガネのオンデーズなどが導入、その背景は

企業が社員を採用する際に、「インフルエンサー」を優先的に採用する動きが注目されています。求職者にとっては、自分の得意とする分野の発信力が、採用時の選考の短縮化や早期内定を得る、新たな戦力ともなりそうですWebマーケティングや人材採用の専門家、髙平聡さんに話を聞きました。

髙平聡

髙平聡さん

スマホマーケティングで企業に成果をもたらすプロ

年末年始のイベントで司会を任されたら?プレゼンや会議にも役立つ司会進行の3つのポイント

これからの季節に増えてくる忘年会やパーティーで司会進行を任された際に、不慣れで不安に感じる人も多いかもしれません。プレゼンや会議にも役立つ司会進行のコツをご紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す