マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. くるみんマーク認定が厳格化へ 働き方を見直す分岐点となるか?

くるみんマーク認定が厳格化へ 働き方を見直す分岐点となるか?

カテゴリ:
ビジネス

「くるみんマーク」認定が厳格化されます

みなさんは「くるみんマーク」認定企業というものをご存知でしょうか。
政府の少子化に対する施策である次世代育成支援対策推進法に基づき、厚生労働大臣が一定の基準を満たした企業の申請に対して、「子育てサポート企業」として認定するものです。
この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」で、厚労省によれば平成28年12月末時点で、2,634社が認定を受けているとのことです。

本年4月より、この「くるみんマーク」認定の基準が厳格化されるとの発表がありました。
昨年末、広告業界大手である株式会社電通職員の過労自殺という痛ましい事件が大きく取りざたされましたが、この電通も「くるみんマーク」認定を受けていました。
子育てをサポートする企業として認定されていながら、実質は過労自殺を招くほどの長時間労働があったということで、電通は事件後に認定を辞退しています。

この過労自殺の影響を含め、近年長時間労働に対する監視の目が厳しくなってきています。
厚労省の「くるみんマーク」認定も、その流れを受けて「月平均の残業60時間以上の正社員ゼロ」などといった条件を追加し、その認定基準が厳格化されることが決定しました。

飾りものから実質化へ

労働人口が減っている中で、企業の人材確保問題は年々厳しさを増しています。
また、女性の社会進出の速度は増し、男女を問わず、以前よりワークライフバランスを重視する働き方が珍しくなくなりました。

「くるみんマーク」認定を受けるメリットは、採用活動などで“働きやすい職場”としてアピールすることができる点です。
ただ、電通の件からも浮き彫りになった通り、これまでの認定基準が甘かったことから、その企業の実質的な働きやすさ、子育てのしやすさを十分反映したものではありませんでした。
とりあえず制度があるから認定を受けておこうといった「飾りもの」の体があったことは否めません。
この度の認定基準の厳格化により、認定マークが「飾りもの」から「実質化」できるかが今後の注目点でしょう。

働き方を見直す分岐点に

価値観の多様化や少子化など様々な理由から、働き方もこれまで通りでは上手くいかなくなってきています。
いくら仕事にやりがいはあっても、一昔前のような労働時間を度外視した働き方では、能力ある従業員を確保することは困難になっているのです。

また、今後も深刻化する絶対的な労働力不足のため、子育てや介護をしながら働く人をいかにサポートしつつ戦力とするかや、外国人労働力の受け入れなど、これまで日本が直面したことのない課題が山積しています。
今回の「くるみんマーク」認定基準の厳格化は、一種の指標です。
企業も生き残っていくために、いかに貴重な人的資源を確保し、育てていくかを考えなおす分岐点にきています。

人事労務コンサルティングの専門家

大竹光明さん(社会保険労務士法人大竹事務所)

Share

関連するその他の記事

コロナ時代を乗り切るのはパラレルワーカー?複数の仕事を持つ働き方が女性のワークスタイルの理想形に?

主婦パートの不安定な働き方に疑問を持ち始めた人が、今からでも、自分の裁量で自由に働くことは可能でしょうか? 女性起業支援アドバイザーの橋本かんなさんに聞きました。

橋本かんな

橋本かんなさん

女性に特化した起業支援アドバイザー

KDDIが「社内副業」をスタート 働く側と企業側にとってのメリットとは?

「社内副業」とはどのような仕組みなのでしょうか。働く側のメリットはあるのでしょうか。社会保険労務士の谷川由紀さんに聞きました。

谷川由紀

谷川由紀さん

働き方改革支援・アンガーマネジメントのプロ

Jリーグがリモートマッチに「投げ銭」導入 スポーツ観戦や音楽ライブなどエンタメのマネタイズや新しい応援スタイルとして定着する?

なスポーツチームやアーティスト、さらには劇場やライブハウスを少しでも応援したいというファンの思いを届けられる投げ銭は、コロナ後も新たな応援システムとして定着するのでしょうか。WEBマーケッターの川村高大さんに聞きました。

川村高大

川村高大さん

集客コンサルティング・動画制作・WEBマーケティングのプロ

トヨタやカルビーが在宅勤務制度を拡充 手当など必要な仕組み、メリットは?

在宅勤務を、定着させる動きが広がっています。在宅勤務を成功させる仕組みづくりとは。働き方はどのように変わるのでしょうか。社会保険労務士の増尾倫能さんに聞きました。

増尾倫能

増尾倫能さん

人事労務の悩みに対応し中小企業を支援するプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す