まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
岸井謙児

あなたの心の悩みに誠実に対応するカウンセリングのプロ

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

コラム

映画「奇跡の2000マイル」:人生の砂漠を歩く女性の生き様

「こころ」を描いたこんな映画

2015年9月3日 / 2015年9月4日更新

今回見た映画は、現在上映中ですが「奇跡の2000マイル」

オーストラリアの広大な砂漠およそ3000キロを踏破した女性の驚くべき実話を映画化­したものですが、なんとも言えない映画でした。

人間関係がどうにも煩わしく、どこにいても居場所のない女性が、ふと思いついたのがラクダを調教し、それを連れて約3000キロの砂漠を横断しようという、考えてみりゃ無茶な冒険。

予告篇はこちら




もっとも「冒険」などと言うものは、そもそも無茶なことに決まっていますが、それにしても砂漠を横断なんて・・・。
ただ、彼女の冒険は「冒険」ではなく、むしろ自分自身を見つめる旅だったようです。

幼い頃に母親が自死し、その後父親から見捨てられたような感じで親戚の家にもらわれていく。
自分自身の存在感や尊厳自体がはがされていくような体験は彼女自身の生きていく実感を奪い取ったのかもしれません。

酷暑の地で生存ぎりぎりの体験を通して、もしかしたら生きている実感を味わいたかったのでしょうか。
実話なのでご本人にお話を聞くのが一番なのでしょうが、なんだか永遠に続くかのような砂漠が彼女の人生を象徴しているようでした。

ネタばれになってはいけないのでストーリーすべては書けませんが、「生と死」「生きていくことと死んでいくこと」を身体を使って実感させてくれるような映画でした。
興味を持たれた方はゼヒどうぞ。

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

【カウンセリング・オフィス岸井】     ☆初回面接は無料です☆  
 JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分
          
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

岸井謙児

岸井謙児(きしいけんじ)

岸井謙児プロのその他のコンテンツ

Share

岸井謙児プロのその他のコンテンツ