まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

ボランティア精神は自らの感謝の表れ ~やってあげるボランティアなんてない~

皆さんはボランティアと言うと参加するものだとお考えでしょうか?

清掃や介護ケアのボランティアにしても
ボランティアは参加するのではなくさせていただくものなんですね。
奉仕の心でさせていただくのです。

ボランティアとは奉仕の心ですから
奉仕に参加すると言うよりさせていただくの方が意味合いも近いですよね。

参加というと活動に加えてもらうだけなので
どちらかと言えば他人行儀で積極性に欠けてしまいます。

ところが奉仕をさせていただくという精神でボランティアに取り組むと
積極性も生まれますし自分で考えて行動できますので
参加者同士の連帯感が高まりますし、活動が直接感謝の心に繋がるのです。

同じことをするのでも意識改革して取り組むことによって
ただ何となくやってるだけなのか意義を感じながら取り組めるのか
大きな違いが表れますのでぜひ実践してみてください。

人に言われたからするのと自ら率先してやるのとは大違いです。

このことをただ意識してするだけでこれだけ違いに表れるのですから
何でも意識してすることがいかに大切かがおわかりいただけると思います。

そもそもボランティアとは人のためにするのではなく自分のためにするのです。
(結果それが人のためになる)
ここを勘違いしてはいけません。

してあげるのではなくさせていただく。

何をするにもこれを意識して取り組んでみてはいかがでしょうか?

きっと今までやって来たこととは違う結果に繋がるかも知れませんよ。
人にしてもらうためではなく自分が感謝してそれをさせていただくんです。
例えどんなことでもね。(自分が何かサービスを受ける側だとしても)

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-11-12
rss
ブログ
2018-11-12
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook