まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

ツッコミは愛情表現の裏返しから生まれる ~ツッコミ文化圏の人間は感性も豊か~

トラックや車の後部に貼られているステッカーで
「法定速度を守ります。お先にどうぞ」という文言のシールを貼っている自動車を見かけます。

言いたいことがわからんでもないです。
わからんでもないですけど、私みたいなツッコミ文化圏の人間から見たら
このステッカーにツッコまずにはいられません。

法定速度を守るということは、制限速度を超えないということです。
つまり50キロ制限の道路では最大速度を出しても50キロですから
お先にも何も、ほんとにお先に行ったら道交法違反で捕まります。

お気持ちはわかりますが、とてもお先には行けないんですね。

仮に40キロで走行中だった場合はお先に行けなくもないですが
法定速度を守るのはこっちもそうです。

基本皆法定速度を守って走行しているわけですから
それをわざわざ法定速度を守りますと、声高らかに主張する必要はなく
お先にどうぞと勧められなくても、お先に行きたければ自分で判断して法定速度内で追い越しますよ。

私も真に受けてツッコミを入れてる場合ではないですが
ステッカーを見かけたらいつもそう思ってしまいます。

でもこれ、単なるボケツッコミに関する性分の話ではなく
ん?これってどこか変だぞ?おかしいぞ?という風に
“気づく力”にも繋がる重要な要素なんですね。

ツッコミ力があるかないかは気づく力にも影響するのです。

そして発想力や想像力(創造力)にも繋がりますので
おやじギャグなどでもつまらないものと思い込みで決めつけるのではなく
日常の中でいろいろと目を向けて、気づく力の訓練をしてみるのも良いですね。

面白いかどうか、正しいかどうかで物事を判断するのではなく
深く考察してみることです。

するとおや?もしかしてこれは・・・?と
何か今までは気づかなかった(見落としていた)重要な発見に繋がるかもしれませんよ。

ただ気づく力をつけるために何でもツッコミを入れてみるのは良いですが
だからといって本当に車に突っ込んでいかないように気をつけてくださいね。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-19
rss
ブログ
2018-09-19
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook