まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

人は死ぬとどうなるのか ~死後の世界は科学で説明出来る世界だった~

以前私は自身のブログで
安楽死について軽く触れた内容のブログを書きました。

その前から人が死ぬとどういう状態になるのか
自分なりのやり方で取り組んで来て少しずつ解明していたのですが
遂にと言いますかようやくと言いますか
今回人の死についても科学的に説明出来る段階にまで至りましたので
ご報告程度に少しだけお話いたしたいと思います。

そもそも人の死や死後の世界については
これまでは宗教や哲学といった
どちらかというとスピリチュアルの面から語られる事が多かったように思います。

もちろん医学的には心臓の停止や脳死など
生体機能の活動停止によって人の死が判断され、それを人が死んだ状態とし
その後について語られる際にはやはり死後の世界など
全部想像の世界や思想に委ねられていました。

しかし人の死についても、今や科学的に説明出来る段階に来ているのです。

確かに人の死や死後の世界を科学的に説明してしまうと
これまで築いて来た思想の崩壊にも繋がりますし
反論や否定的意見、果ては誹謗中傷といった感情的に捉える人も多いと思います。

ですが現代科学では技術的に証明出来ない(手段がない)ってだけで
例え今は仮説であったとしても
死後の世界についても科学的に説明する事が出来るんですね。

しかも事実はどうであれ
皆さんの信じてやまない、科学できちっと説明する事が出来るのです。
(説明が付くのであって、あくまで証明ではない)

科学的にと言っても私は数字が苦手ですから
数式を用いたりするのではなく、心理学のように学問や学術的にという意味ですが。

で、結局人は死ぬとどうなるのか
死後の世界についてを皆さん関心があるのだと思いますが
要は私がいつも言ってるような事、これまで言って来たような事を繋げてみれば
自ずと答えに辿り着くでしょう。

もちろん渋ってるわけではなく、今でもきちっと説明する事が出来ます。

ですが今ここで私が説明して、皆さんお分かりになるでしょうか?
ちょっと話しただけで全てわかりますか?
では超ゴム理論が何なのか、どういうものなのか、理解出来ていますか?
もし出来てるなら説明してみてください。

何も偉そうに言いたいのではありませんが(言い方は偉そうですみません)
ただ知る(わかる)のと理解するのとでは違いますし
例え理解出来たとしても、受け入れられるかどうかはまた別問題です。

今までの常識や概念が覆ってもよければ、人は死ぬとどうなるのか
死後の世界についてお話致しましょう。
宗教や思想の面からではなく、科学的に説明させて頂きますので
どうぞご連絡下さいませ。

最後に話は安楽死の話に戻りますが
私がどうして安楽死を選択肢の一つとして容認しようとするのかについても
人は死ぬとどうなるのかを知ったからこそ、その根拠に基づいて肯定するのです。
何の根拠もなく、ただ漠然とした考えや感情的に捉えての事ではありません。

この世のあらゆる出来事やこの宇宙、そして人の心理すらも
極めて科学的に出来ていて説明する事も出来るのです。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



このコラムに対するご意見ご感想など、お気軽にお聞かせください。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-24
rss
ブログ
2018-09-24
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook