まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

集団的自衛権について思う ~戦争はしない、それでいいのに~

生き方を学ぶ

2014年5月16日

日本がアホ化している。

憲法解釈か何か知りませんけど
戦争はしない、たったそれだけでいいのに
いちいちそんな事に解釈が必要なほど
いつから日本人は自分で考えられなくなったのでしょうか。

解釈も何も、そんな事を大々的に取り上げて
討論したり会見を開いたり、考え込まなければいけないほど
憲法は難しい事を言ってるのでしょうか。

憲法解釈の話に限らずですが、多くの人が何も考えてない。
考える事をせず、ただどうしたら?と疑問に思ってるだけ。
考えてないのに、どうすればいいのかと悩んでるだけなんです。

考えるためにはまず根拠が必要です。

この人の言ってる事は何なのか?
本当に言いたい、伝えたい事は何なのか?
どうしていつもそういう態度なんだろう?
いつも同じ事を言われるのはなぜだろう?

ここが明らかになって、始めてどうすればいいのかを考えられるんですね。
具体的な根拠もなしにどうすればいいのかなんて
いくら考えてもわかるはずがありません。

ただ漠然とどうしたらいいんだろうと思ってるのは
これは考えてるのではなく
ただ不思議に、疑問に思ってるだけです。
それでどうすればいいのかと悩んでるだけなんです。

悩むのと考える事とは違います。

それで多くの人は
どこに原因があるのか?誰に責任があるのか?
ではこうすればいいんじゃないかと
まずどうすればいいのかの、小手先や思い付きの解決策を考えてるだけで
物事の本質には目を向けず、勝手な根拠を作り上げるだけの
ただ疑問に思ってる事の答え探しや
何か解答を得る事だけしか考えてないんですね。

皆答え探しや解答を得る事だけしか考えてないから
(つまり自分の事しか考えてないから)
自分で考えるという事をせず、戦争をしないという単純な話でさえ
いちいち解釈なんてものが必要になるんです。

そんな事はちょっと考えたらわかる事です。
むしろ考えるような事でもありません。

そんなバカげた事に頭を使ってるくらいなら
もっと他に頭を使う事があるように思いますが
それくらい現代の日本人は
自分で考えるという事が出来なくなってるのではないかと感じるのです。

特にゆとりが言われ始めてから、社会がスマホ化され始めてからは
顕著にそう思います。


京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



ご意見ご感想、あなたのお聞きになりたい事をお聞かせください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしています。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-19
rss
ブログ
2018-09-19
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook