マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ) / 講師

OFFICE SAELA

コラム

闘病生活から退院後の経過報告

2020年10月25日

テーマ:人生の軌跡と羅針盤

コラムカテゴリ:医療・病院

コラムキーワード: ダイエット 食事ダイエット 運動高血圧 食事

すっかりご無沙汰しております♪

退院してから、友だちからのメッセージやFacebookのコメントで、ずいぶん勇気づけられました。感謝しかありません。

お陰さまで体力も少しずつ戻っていて入院生活で8キロくらい痩せ、退院後、さらに2キロ弱痩せました。10キロくらい痩せたのに、まだお腹はポッコリです(笑)

揚げ物弁当

入院前は写真のような揚げ物中心の弁当を何の罪悪感もなく食べていましたが、現在は揚げ物や間食をなくした上に、朝食を抜き、18時間くらい何も食べない時間を作っています。いわゆるプチ断食みたいなものです。

前は太っているなりに体力がありましたけど、10キロ痩せても身体が軽くなった感じがないので、筋力を戻して代謝を上げるように生活習慣を変えています。

中でも大きく生活習慣が変わったのは、咀嚼回数を増やして食事時間を長くしました。後はプチ断食と夕食のおかずを宅配してもらっているので、スーパーやコンビニでよけいなモノを買わなくなったことかな。

ちなみに入院前の体重は、93.5キロあり、現在は83.9キロまで減量しています。目標は理想体重の75キロなので先は長い(笑)

まだまだこれからですが、1年くらいかけて健康的に減量する経過報告と、生活習慣の改善や減量で、どのようなところでつまずいたか、或いはどれが効果的だったかをリアルにお伝えしてゆきます。




今回の記事によるご質問がありましたら気軽にメッセージ、或いは「寺子屋コミュ♪」で相談して下さい。


あなたにも気付きがありますように




【小さな実践】
咀嚼回数を意識して増やすのは、食事に時間をかけることに繋がり、少食で満腹感を感じることができる


 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
メンタル・住環境・習慣化で理想の家族デザインコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(OFFICE SAELA)

Share

関連するコラム