まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小橋広市

元建築家。女性の起業サポートするコーチングのプロ

小橋広市(こばしひろ)

OFFICE SAELA

コラム

◯◯と◯◯があるとコラムネタに困らない

マインドセットの書き換え

2016年10月20日 / 2018年9月22日更新

困ったなぁ

コラムネタがないんです。


ブログは一日に数回上げている
芸能人やブロガーの方がいます。
しかも毎日ですよ。

よくネタがあるなぁと関心します。

過去の経験を書くというなら
私はネタが尽きないはずですが、
何でも書けばいいというわけでもなく、

「読者の方の役に立つこと」

これを考え出すと書けなくなります。
だって自分の思い込みで書いても
誰にも響かないですからね。


ネットや本などでネタ探しをするのですが、
書いてもモチベーションが上がりません。

こんな状態が続くと継続できなくなり
なんにも書けない日が続き、
いつの間にかフェードアウト・・・


絞り込み


こんな私が書きたくて
しょうがない時があります。

それは

新たな体験

メルマガもコラムもネタ切れになるのは、
事務所にこもって仕事をしている時で、
新たな体験がないと閃きません。

旅行や出張で起こったハプニングや
セミナーや交流会の出会いなどの
体験があれば脳は閃いてくれます。


もう一つの方法は、

環境を変える

仕事をルーティン化して
効率よくするのはいいのですが、
たまにはいつもと違う変化が必要です。


例えば、

カフェでコラムを書いてみたり
1時間だけ本屋に行ってみるとかね。

ネタやアイデアは閃いた時にすぐ書く。

私は、人の動きを見て閃くことが多いので
1人でカフェに居る時はいつもiPad開いてます。
電車でも閃くことが多いので
iPhoneのメモに残したりしてます。



結論、コラムネタがなくなったら

新たな体験と環境を変えてみることです。



 

家族も友人も集いたくなる家づくり+関係づくり
 
ゼロ起業女性の強みと専門性を引き出し継続収入を得るコーチ

ガラス工芸とガラスアートの彫刻ギフト専門店

この記事を書いたプロ

小橋広市

小橋広市(こばしひろ)

小橋広市プロのその他のコンテンツ

Share