マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 100人に1人起こる「統合失調症」

100人に1人起こる「統合失調症」

カテゴリ:
くらし

統合失調症の代表的な症状

100人に1人起こる「統合失調症」

統合失調症は人口の0.7~1%の割合で発症すると言われ、厚生労働省の調査では2008年現在、推計受診中の患者数は79.5万人とされています。統合失調症の診断は、DSM5(※1)あるいはICD-10(※2)の診断基準に沿って実施されます。統合失調症の原因は明確にはわかっていないとされています。発症のしやすさは遺伝すると言われていますし、環境的要因(進学、就職、結婚など)がきっかけになるとも考えられています。

代表的な症状は次のものです。「①幻覚(幻聴、幻味、幻嗅など)」「②妄想(被害妄想、誇大妄想など)」「③日常生活、社会生活において支障が出る(会話が成立しない、自分の感情を表現できない、他者の感情を理解できない、洗面・入浴・片付けを始めとする基本的な生活、その他の場面において意欲的になれないなど)」。症状の表れ方、程度には個人差が大きく、統合失調症になればどの症状も持つ、というわけではありません。

薬物治療の注意点と社会的治療

治療には薬物療法、心理社会的療法があります。薬物治療時の注意点としては、服薬し始めてからの変化を記録し、担当医に伝えることが大切です。「不安感が減った」「眠れるようになった」といった改善された症状と、逆に新たに出てきた状態「集中力が無くなった」「一日中、眠気が強い」「いつもボーっとしている」「だるい」「ろれつが回らない」「ヨダレが出る」などを伝えましょう。

統合失調症の患者の中には、薬物治療だけを行っている人もいますが、社会的治療として病院で実施されている心理教育プログラムに参加したり、行政の窓口で相談し、「障害者自立支援法のサービス」を利用したりすることも必要でしょう。また、治療を始めて2年以内、あるいは未受診であれば、国立精神・神経医療センター(東京都小平市)の「統合失調症早期診断・治療センタ―」で相談ができます。

支える家族の負担軽減に、各種制度・サービスの利用を

平成21年度の熊本大学で行われた障害者支援プロジェクトの報告によると、統合失調症の患者の支援者は両親が53%、兄弟が19%となっています。子どもが患者の場合、将来の生活の心配を減らすために「成年後見制度」を利用することも考えられます。

そして、家族の心身の健康のために負担の軽減という観点から、行政やNPO、任意団体で行われているサービスを利用する方法もあります。家族にとって、患者を支えることはとても大変です。しかし「幻聴、妄想を始めとする症状や状態を否定しないで受け止める姿勢」は患者に安心感をもたらします。それが症状の安定につながります。そうした対応ができるようになるためにも、同じ病気を持つ他の家族との交流は心の支えになるでしょう。

最後に、発達障害を持つ人の「フラッシュバックの幻聴とファンタジー妄想」を統合失調症と診断されるケースがあります。診断に疑問がある場合には セカンドオピニオンを求めることも必要です。

(※1)DSM 5=Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(精神障害の診断と統計の手引き)
アメリカ精神医学会
(※2)ICD-10=International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)
WHO(World Health Organization:世界保健機関)

福田 シェシャドゥリ 育子

トラウマケアと心づくりセミナーを行う心理セラピスト

福田 シェシャドゥリ 育子さん(松戸こころの相談室)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す