マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. ネット世代が抱く孤独感、解消するには

ネット世代が抱く孤独感、解消するには

カテゴリ:
くらし

ネット世界でも孤独感、孤立感、疎外感は存在する

ネット世代が抱く孤独感、解消するには

幼少期からネット社会で育った若者は、友人ですら「どうつくればいいかわからない。友達かどうか分からないが、失うのは怖い」などの悩みを抱えやすい傾向にあります。現実社会の中で生身の人間との関係がうまく構築できず、ネット上に築かれた社会、架空のコミュニティーの中に、それを求めようとします。

しかし、ネットにおいても「相手を傷つけてしまった」「相手から無視された」「突然、メンバーが消えた」「退会した」などの理由で孤独感、孤立感、疎外感を抱くことがあります。

ネットコミュニケーションが悪いのではなく、利用法に問題が

本来のコミュニケーションとは、どれだけ科学が発達してもデジタル化が進んでも、人が人に求める生身の「かかわり欲求」です。それは、相手に関心を抱き、五感を通して互いに感じ合うことで、「人はそれぞれ違う人間で、違うことが当たり前」と認識し、相手を尊重する、認める、許すなど「人の尊厳を守る」ことです。

しかし、ネットではこれが非常に困難です。同じ言葉を使用しても、そこに含まれる意味づけや定義が異なるためです。表情や声、動作からは相手の気持ちを汲み取ることができますが、ネットでは不可能。結果、勘違い、誤解、思い込み、決めつけなどが生まれやすくなります。

乳幼児期から母親に対する信頼関係が健全に発達すれば、他者との関係に悩むことはありませんが、近年、そこにも課題があるようです。さらに、生育歴の中で自己肯定感、自己効力感を伸ばし「一人でいられる能力」を養いますが、その点にも社会的な課題があります。

ネットでのコミュニケーション自体が悪いのではなく、ネットの使い方(利用)に問題があります。ネットは知識、情報の交換、連絡及び確認手段としての利用に留め、対人コミュニケーションの本来のあり方を学び、生身の人間とコミュニケーションを取ることです。その勇気は、あなた自身に能力が備わっていることを認め、自信をつけることから始まるのではないでしょうか。

「しあわせ思考」を導き出す心理カウンセラー

きくちみよこさん(家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す