マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ノースリーブを堂々と「二の腕エクササイズ」

ノースリーブを堂々と「二の腕エクササイズ」

カテゴリ:
美容・健康

腕と背中を引き締めて、美しいラインを目指す

薄着の季節になると、気になるのが腕。上着を脱いでも恥ずかしくない腕になりたいものです。特に気になるのが、腕の後ろ側から肩、背中にかけてのたるみ。前側の筋肉(上腕二頭筋)は物を取ったり、荷物を持ったりと普段からよく使われていますが、後ろ側の筋肉(上腕三頭筋)は普段の動作ではあまり使われていないため、たるみやすい部分なのです。腕の筋肉は肩甲骨にもついているので、この部分の動きが悪くなると背中だけでなく、腕もたるんでしまいます。ほっそりと引き締まった二の腕をつくるためにも、肩甲骨を動かす筋肉に刺激を与えて、腕と背中を同時に引き締めていくと美しいラインが目指せます。

まずは、肩甲骨の動きを大きく

①イスに座わります。坐骨より少し前に体重を乗せて骨盤をニュートラルにキープ。腰を反らさないように胸を引き上げます。つっぱり棒(フェイスタオルでもOK)などを頭の位置より後ろに持ち上げます。

肩甲骨の動きを大きく①

肩甲骨を下げながら棒を背中に引き下げます。戻るときは、肩甲骨が上がらないように筋肉の収縮感を残したまま棒を引き上げます。この際、棒の位置が頭より前に出ないようにします。これを10回繰り返します。

肩甲骨の動きを大きく②

②?骨盤をニュートラルにキープして腹筋を締めます。腰を反らさないように胸を引き上げて胸の前で手の甲とひじを合わせます。

肩甲骨の動きを大きく③

肩甲骨を背骨に近づけるように腕を開きます。肩が上がらないように肩甲骨を下げながら行います。これを10回繰り返します。

二の腕を使って体を支える

普段あまり使えていない二の腕で、ハードなエクササイズをして他の筋肉を使ってしまっては大変です。上腕三頭筋を意識して使っている感覚をつかむところから始めましょう。

よつんばいになって肩の下に手をつきます。肩に力が入らないように肩甲骨を下げて寄せたままにしておきます。二の腕(腕の後ろ側)が使えているか確認して20秒キープします。次に、片手を斜め上方向にあげて20秒キープします。左右3回繰り返します。※注腰が反れないように骨盤をニュートラルに維持し腹筋を締めておきましょう。

自宅でできるエクササイズで腕、背中をスッキリさせて、春・夏の装いを楽しみましょう。

高野順子

若々しく美しい女性を目指すボディメイクのプロ

高野順子さん(Body make studio Bonita)

Share

関連するその他の記事

マラソン愛好者必見!冬トレーニングで圧倒的レベルUPを実現する鍛え方

春の大会に向けてトレーニングを積んでいるランナーも多いかと思います。冬は、日が短くなるうえ、雪が積もるなど走れる時間なども限られてきます。しかし、上達し記録を伸ばすための鍛錬は走ることだけではありません。冬の間だからこそ取り組むべきトレーニングについてご紹介します。

八巻稔秀

八巻稔秀さん

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

高齢者施設や交流サロンで実践できるレクリエーション集

高齢社会の進展に伴い、高齢者施設の需要は高まっています。また、最近では地域住民の介護予防を目的とした交流サロンを運営する自治体も増えてきました。レクリエーションは高齢者施設や交流サロンに彩りを与えます。このコラムでは、様々なジャンルの高齢者レクリエーションを紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

ダイエットに効果的なミネラルファスティングとは?-5.9㎏を実現する9日間レシピ

料理研究家が実践したミネラルファスティング。半年間で12㎏のダイエットに成功した最初の9日間の取り組みとレシピを大公開。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

インフルエンザが早くも流行!対策は予防接種だけじゃない?かかりやすい人とそうでない人の違いなど

インフルエンザは、重症化しやすい乳幼児や高齢者はもちろん、受験生や仕事を休みたくない社会人など、どんな人にとっても怖い感染症の一つ。予防といえば、流行する前にワクチンを接種することが一般的です。ただ、予防接種だけでは、完全に感染を防ぐことはできません。ワクチンの接種とともに、日常での予防が欠かせないそう。「感染しにくい体づくり」のために、日ごろから心がけたい対策とは。

早川弘太

早川弘太さん

漢方と健康相談のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す