マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ノースリーブを堂々と「二の腕エクササイズ」

ノースリーブを堂々と「二の腕エクササイズ」

カテゴリ:
美容・健康

腕と背中を引き締めて、美しいラインを目指す

薄着の季節になると、気になるのが腕。上着を脱いでも恥ずかしくない腕になりたいものです。特に気になるのが、腕の後ろ側から肩、背中にかけてのたるみ。前側の筋肉(上腕二頭筋)は物を取ったり、荷物を持ったりと普段からよく使われていますが、後ろ側の筋肉(上腕三頭筋)は普段の動作ではあまり使われていないため、たるみやすい部分なのです。腕の筋肉は肩甲骨にもついているので、この部分の動きが悪くなると背中だけでなく、腕もたるんでしまいます。ほっそりと引き締まった二の腕をつくるためにも、肩甲骨を動かす筋肉に刺激を与えて、腕と背中を同時に引き締めていくと美しいラインが目指せます。

まずは、肩甲骨の動きを大きく

①イスに座わります。坐骨より少し前に体重を乗せて骨盤をニュートラルにキープ。腰を反らさないように胸を引き上げます。つっぱり棒(フェイスタオルでもOK)などを頭の位置より後ろに持ち上げます。

肩甲骨の動きを大きく①

肩甲骨を下げながら棒を背中に引き下げます。戻るときは、肩甲骨が上がらないように筋肉の収縮感を残したまま棒を引き上げます。この際、棒の位置が頭より前に出ないようにします。これを10回繰り返します。

肩甲骨の動きを大きく②

②?骨盤をニュートラルにキープして腹筋を締めます。腰を反らさないように胸を引き上げて胸の前で手の甲とひじを合わせます。

肩甲骨の動きを大きく③

肩甲骨を背骨に近づけるように腕を開きます。肩が上がらないように肩甲骨を下げながら行います。これを10回繰り返します。

二の腕を使って体を支える

普段あまり使えていない二の腕で、ハードなエクササイズをして他の筋肉を使ってしまっては大変です。上腕三頭筋を意識して使っている感覚をつかむところから始めましょう。

よつんばいになって肩の下に手をつきます。肩に力が入らないように肩甲骨を下げて寄せたままにしておきます。二の腕(腕の後ろ側)が使えているか確認して20秒キープします。次に、片手を斜め上方向にあげて20秒キープします。左右3回繰り返します。※注腰が反れないように骨盤をニュートラルに維持し腹筋を締めておきましょう。

自宅でできるエクササイズで腕、背中をスッキリさせて、春・夏の装いを楽しみましょう。

高野順子

若々しく美しい女性を目指すボディメイクのプロ

高野順子さん(Body make studio Bonita)

Share

関連するその他の記事

コロナ太りにはコレ!簡単にスッキリ解決する方法5選

コロナによる自宅自粛の結果、痩せていた女性がいきなり太ったり、むくんだりするといった話を聞いたことはありませんか?本記事では、コロナ太りの原因と対処法を詳しく紹介します。

上野由理

上野由理さん

足・靴・歩行から美を追求する美脚マエストラ

低体温の人は暑がり?クーラーの中で生活する本当の怖さとは?

本記事では、低体温の方の特徴について詳しく説明します。低体温の方が体調をくずさないよう、参考にしてみてはいかがでしょうか。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

マスク着用で介護や保育現場、裁判員裁判でも戸惑い。表情の伝わりにくさをどう補う?

第一印象が重視される接客業や仕事上の営業活動でも、なるべく相手に不安や不快感を与えることなく意思を伝えるためには、どのような工夫が必要でしょうか。マナー講師の菅原久美子さんに聞きました。

菅原久美子

菅原久美子さん

「声」と「第一印象アップ」のプロ

Withコロナ時代の新しい気分転換法の見つけ方

新型コロナウイルスの影響が長期化し、不安な方も多いのではないでしょうか。そこで、新しい気分転換の見つけ方を紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す