マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. PM2.5から赤ちゃんを守るには

PM2.5から赤ちゃんを守るには

カテゴリ:
くらし

PM2.5、赤ちゃんに多大な健康被害を及ぼす危険性

PM2.5から赤ちゃんを守るには

春風が心地良いこの時期、中国の深刻な大気汚染による影響で、大陸から偏西風に乗って微小粒子状物質「PM2.5」が日本各地に侵入。健康被害への問題がクローズアップされています。環境省の発表によると、PM2.5は、大きさが髪の毛の太さの1/30程度の超微粒子で、肺の奥深くまで侵入し、肺がん・呼吸系・循環器系への影響が懸念されるとのこと。具体的には、喘息・気管支炎・肺がん・心筋梗塞・脳梗塞などの発症率が高くなるようです。

目に見えないPM2.5は、抵抗力の弱い赤ちゃんに、多大な健康被害を及ぼす危険性があります。大事な赤ちゃんを喘息や気管支炎から守るために、家庭でできるPM2.5対策を紹介します。

家庭でできる3つのPM2.5対策

1、不要不急の外出を控える
赤ちゃんはマスクを着用できません。環境基準値(健康を維持する上で望ましい基準値)の35を超えたら、不要不急の外出を控えましょう。※地域のPM2.5濃度は、環境省ウェブサイト「そらまめ君」でチェックできます。

2、こまめな掃除でPM2.5をブロック
窓を開けての掃除はNG。PM2.5は微粒子なので、窓の開閉で室内に侵入してしまいます。掃除の時は、空気清浄機を「強」に。高性能掃除機以外では、排気でPM2.5を舞上げないために、最初に濡れたクロス(雑巾)で拭き掃除をしましょう。棚の上、テーブルの上、床の順番で、ホコリを拭き取る時と同じ要領で、上から下に拭き下ろします。拭き掃除が終ったら、次に掃除機をかけます。特に赤ちゃんは、ハイハイや伝わり歩きなど床近くで動き回るため、こまめな床掃除が必須です。

3、布団や洗濯物の外干しNG
PM2.5は、粒子が小さいので、外干しの布団や洗濯物に付着します。布団の繊維の中に入った場合、取り除くことは困難です。そうなると、一日の大半を寝て過ごす赤ちゃんは、寝ている間中、PM2.5を吸い込むことになってしまいます。日当たりの良い場所で、室内干しにしましょう。

季節的に良い時期ですが、赤ちゃんを連れての外出に注意を払わないといけないのが残念です。外に出られない分、キレイに掃除した室内で思い切り赤ちゃんを遊ばせてあげてください。

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子さん(片づけ上手塾)

Share

関連するその他の記事

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

貸金業法に触れる「給与ファクタリング」とは。新たな手口も?悪質な手口から身を守る方法について

東京都の給与ファクタリング業者が全国初摘発されました。その手口の実態や、悪質な業者から身を守る方法について、司法書士の椎名尚文さんに聞きました。

椎名尚文

椎名尚文さん

多重債務などの借金問題を解決する債務整理のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す