マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. ロコモ対策に効く、美しい姿勢を保つ背筋エクササイズ

ロコモ対策に効く、美しい姿勢を保つ背筋エクササイズ

カテゴリ:
美容・健康

ロコモティブシンドローム予防の第一歩は筋肉量の減少を防ぐこと

筋肉や関節、骨などの運動機能が低下して「立つ・歩く」といった動作が困難になったり、介護が必要になったりするリスクが高くなるロコモティブシンドローム(運動器症候群)。その予防の第一歩は、加齢による筋肉量の減少を防ぐことです。そのためには20~30代からの対策が重要だと言われています。

姿勢の悪化は筋肉の低下につながるため、日常生活で美しい姿勢が保てるように筋肉をつけることが効果的な予防方法です。長時間のデスクワークなどの生活習慣の影響で姿勢が悪くなっている女性が多いので、積極的にエクササイズを行い、美しい姿勢をこころがけましょう。特に加齢で落ちやすい筋肉の一つである「脊柱起立筋」を鍛えると、胸の張れた美しい姿勢がつくれます。

背中を緩め、背中の筋肉を鍛えるエクササイズ

■硬く縮まった背中を緩める。

① 四つん這いになって息を大きく吸って吐きながら背中を丸めます。息を吐ききって腹筋も締めましょう。

背筋エクササイズ1

② 大きく息を吸ってゆっくりと吐きながら骨盤の位置を戻して腰側から反らしていきます。腰→背中→首→頭の順番で背骨の関節を意識しながら反らします。このとき、腰と首が同時に動かないように気をつけましょう。

背筋エクササイズ2

③ ②の状態から大きく息を吸って吐きながら腹筋を締め、腰から丸まっていきます。

背筋エクササイズ1

胸椎部から動かし、丸める、反らす、を何度か繰り返しましょう。

■背中の筋肉を鍛える。

① うつ伏せ寝になって肘を下げ肩の力を抜きます。
② お腹を締めます(インナーユニットの収縮をキープ)。
③ 頭部から鳩尾あたりまで、ゆっくりと伸びるように胸椎をそらせながら持ち上げます。
④ 10秒キープを2回繰り返します。※首、腰が反れないように注意しましょう。
⑤ 今度は③のポジションから片腕を伸ばして持ち上げ、反対側の臀筋を収縮させ脚も持ち上げて10秒キープします。反対側も同じように行います。※床に着いた腕で支えないように胸椎部起立筋をしっかり意識しましょう。

背筋エクササイズの場合、インナーユニットの収縮なしで行うと腰に負担がかかり、腰を痛めてしまう場合もありますので、注意してください。腹筋エクササイズの後に続けて行うと効果的です。美しい姿勢づくりは見た目の美しさだけでなく、ロコモ予防やメンタルにも良いと言われます。美容と健康のためにエクササイズを習慣にしましょう。

高野順子

若々しく美しい女性を目指すボディメイクのプロ

高野順子さん(Body make studio Bonita)

Share

関連するその他の記事

免疫力アップに必要な体温維持。ウィルス対策に最適な室温維持と暖房機器の使い方、運動など

ウィルス感染を防ぐには免疫力アップが重要になってきます。体温を維持するためにはどのようなことに気を付ければよいかについて解説します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

シニア向け脳トレのススメ 自宅でできる脳や体によい習慣3選

新型コロナウイルスの影響で外出機会が減っているシニア世代におすすめの自宅で手軽に楽しくできて脳や体にもよい習慣を3つ紹介します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

細菌やウイルスから身を守る免疫力を高める方法とは?

寒い時期は、インフルエンザが流行します。この時期に、咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや頭痛に悩まされる人は少なくないでしょう。免疫力を上げて病気に備えるコツを紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

介護予防のキーワードは「楽しく集える場を作る」こと。高齢化社会のいま、取り組むべきこととは?

高齢化が進む中、自治体などによりさまざまな介護予防の施策が実施されています。参加者の伸び悩みが課題になる一方で、多くの地域住民が集まり、介護予防への意識喚起に成功しているところもあります。その理由と事例について解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す