マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 爆発火災を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法

爆発火災を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法

カテゴリ:
くらし

ごみ収集車や廃棄物処理施設火災の約7割はスプレー缶類が原因

爆発を防ぐスプレー製品の安全な破棄方法

先日、品川区の路上で、ごみ収集車が激しく炎上するというショッキングな火災事故が起きました。出災原因は、ごみとして捨てられたスプレー缶の爆発によるもの。東京消防庁によれば、ごみ収集車や廃棄物処理施設火災の約7割は、スプレー缶類が原因とのことです。爆発火災を防ぐためには、捨てる側の私たちがスプレー缶(エアゾール缶)・ガスボンベの安全な破棄方法を守らねばなりません。

スプレー製品は、液化石油ガスやジメチルエーテルなどの可燃性の高圧ガスを噴射剤として使用しているため、使い切っていないスプレー缶をそのまま捨てると火災の原因になります。身の周りは、たくさんのスプレー製品に囲まれています。ヘアスタイリング剤や消臭スプレー、寒い時期は鍋料理で大活躍のガスボンベなどが代表的なものです。どれも生活に欠かすことはできません。

ガスが残っている場合は必ず中身を出し切ってから破棄

破棄するときは、噴射ボタンを押して、「シューと音がしない」「振ってシャカシャカ音がしない」を確認します。ガスが残っている場合は、引火による火災を防ぐため、必ず火気のない、風通しの良い屋外で、噴射ボタンを断続的に押して中身を出し切ってください。ティッシュや新聞紙に吹き付けることで、周囲への飛散を軽減します。残存量が多い場合は、メーカーのお客様相談室に問い合わせましょう。

スプレー缶には、捨てる前に少量残ったガスを抜く「ガス抜きキャップ(残ガス排出用)」が装着されています。各々の製品で排出法が違いますので、製品表示を確認してください。ガス抜きキャップも火気のない風通しの良い屋外で使用します。なお、ガスボンベには付いていませんので、必ず使い切ってから破棄するようにしてください。

また、自治体によっては、スプレー缶に穴を開けて破棄する場合がありますが、穴開けの際に可燃性の高圧ガスが噴出し、火災事故が報告されています。破棄の際の穴開けが必要かどうかは自治体により異なりますので、事前に確認しましょう。

空気が乾燥して火災が増える今の時期。スプレー缶・ガスボンベの安全な破棄が、火災を未然に防ぐことにつながります。

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子さん(片づけ上手塾)

Share

関連するその他の記事

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業経営者のお悩みをワンストップで解決する経営支援のプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す