マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 人事担当者は応募者のSNSのどこを見る?

人事担当者は応募者のSNSのどこを見る?

カテゴリ:
ビジネス

SNSは人柄や考え方がよくわかる

人事担当者は応募者のSNSのどこを見る?

SNSの普及により、人事担当者が採用活動の際にチェックするポイントも以前と比べると大きく変ってきています。この数年で、新卒採用だけでなく中途採用であっても、選考時にFacebookをはじめとする応募者のSNSをチェックしているケースが増加しています。

なぜ、SNSをチェックするのかというと、発言内容や友人関係を見ると、「その人らしさ」が一番よくわかり、面接では見えにくい本音の部分が出ていることがあるからです。「まさか、そこまでは…」と思っている人もいるかもしれませんが、実は知らない間に調べられていることもあるので、日頃から注意しておかないといけません。企業側からすると、ちょっと調べることでリスクを回避できることもありますので、時間がかかってでも手抜きをしないでチェックすべきです。

実際、人事担当者の中には、書類選考の段階からネット上の情報(SNSを含む)を細かくチェックして、「非常識な発言をしていないか?」「自社のことを何か書いていないか?」などを確認している人もいます。そのようなことが書かれてあれば、その時点で不採用になってしまうこともありえます。また、匿名で書いたつもりでも友人のつながりや発言内容などから誰が書いたかわかるようなこともあるので、応募者側もネガティブなことを発信するのは控えるのが無難でしょう。

Facebookの場合、友だちの数と質、掲載写真がチェック対象に

Facebookに採用ページを開設している企業の人事担当者は、就活生の個人アカウントの確認をしているといわれています。面接後にすぐ応募者のFacebookのチェックを行ない、友だちの数・層・質を見ている企業もあるという話を聞いたことがあります。

Facebookでよくみるポイントといえば、「Facebookのページ全体が活性化しているか」「交流関係の幅が広いか」ということ。企業に入社したあとに、どのようなパフォーマンスを発揮してくれるのかということをイメージしやすくなるからです。

「プロフィール写真をふざけたものにしない」という基本的なことから、「入社後に企業の機密情報を漏らしかねないような発言をしていないか」など日常行動が怪しいと判断されるようなことがなければ、特に問題はありません。

SNSをアピールに使えば、プラス評価につなげることもできる

しかし、一方、SNSを自分のアピールに使うことができている応募者にとっては、大きなプラスとなります。例えば、応募企業に提出済のエントリーシートや履歴書などに関連してSNSに興味深い内容が書かれていて、自社の求めている人物像に近いというような好印象を与えることができた場合、その後の求職活動を有利にすすめることができるでしょう。

SNSはコミュニケーションツールの一つに過ぎませんが、企業側がこれだけ応募者の個人のものをチェックしているということであれば、対策を行い、逆に上手に活用しない手はありません。応募者は早い段階から戦略的に取り組むべきではないでしょうか。

庄司英尚

現場を大事にする社会保険労務士

庄司英尚さん(株式会社アイウェーブ(アイウェーブ社労士事務所 併設))

Share

関連するその他の記事

ドラマ「ハケンの品格」が復活 令和時代の派遣社員、待遇は改善される?

4月から、正規雇用者と非正規雇用者の待遇格差を改善する「同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)」が施行されます。派遣社員の待遇はよくなるのでしょうか。キャリアコンサルタントの折山旭さんに聞きました。

折山旭

折山旭さん

働く人と組織を活き活きと輝かせるプロ

広がる「黒字リストラ」 年齢が問題ではない?対象になるのはどんな人?

2019年「黒字リストラ」を実施する企業が増加。2020年も、この流れは続くようです。企業の動向と働く側が意識しておくべきことは。特定社会保険労務士の北村滋郎さんに聞きました。

北村滋郎

北村滋郎さん

新時代を生き抜くための人生と経営をアドバイスするプロ

ウーバーイーツで話題のギグワーカーは自由な生き方を後押しできるか?

ここ数年「ギグワーカー」という働き方を選択する人が増えています。まだまだ耳慣れないギグワーカーとはなんなのか、起業支援キャリアカウンセラーの新井一さんに聞きました。

新井一

新井一さん

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「いきなり!ステーキ」社長のメッセージに賛否 ブランディングの視点から見た問題点とは

「いきなり!ステーキ(運営・ペッパーフードサービス)」の店頭に張られた一瀬邦夫社長直筆の「お願い文」がネット上で話題になっています。なぜ炎上を招いてしまったのでしょう?ブランディングの点から解説します。

堀田周郎

堀田周郎さん

企業や個人が気づいていない魅力を引き出すブランディングのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す