マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 増える自然災害、「防災片づけ」で備え

増える自然災害、「防災片づけ」で備え

カテゴリ:
くらし

家の中の安全チェックを行い、日頃から防災につながる片づけを

増える自然災害、「防災片づけ」で備え

フィリピンのレイテ島を襲ったスーパー台風の甚大な被害が連日報道されています。地球温暖化による世界的規模の自然災害は、日本も例外ではなく、伊豆大島の土石流被害などの度重なる災害に、自からの命を守る防災対策への意識は高まっています。

いざというときのために「あなたは、何を備えますか?」との質問に、「防災グッズや水・米・缶詰などの食料を備蓄する」と答える人が大半です。しかし、備え=備蓄ではありません。緊急避難する際に、大量の水や缶詰を持ち出すことはできないでしょう。備蓄品は、被災後の生活に必要なものと考えてください。これらの緊急備蓄品も家の中がゴチャゴチャと散らかっていては、どこにあるのかわからなくなってしまい、万が一のときに使うことができません。備えとして、まずは家の中の安全チェックを行い、日頃から片づけておくこと、「防災片づけ」が大切です。

いざというときに命を守る「防災片づけ」の4つのポイント

(1)避難経路を確保するために、廊下やドア・窓付近に大型家具や荷物を置かない。

(2)転倒事故防止のために、部屋の床に荷物やモノを出しっぱなしにしない。緊急時は気持ちが焦っているので、部屋の中が片づいていないだけで危険度は上がります。

(3)緊急持ち出し袋の中身を確認する。緊急持ち出し袋も食糧などをたくさん詰めこみ過ぎて、重くて持ち出せなくては意味がありません。持ち出し袋の総重量の目安は、男性が15㎏・女性が10㎏程度です。

(4)普段から重要書類を整理しておく。期限切れの書類や証書・繰越済の通帳などは、整理して破棄するか、別の場所に保管します。気が動転していてもすぐに取り出せるように、運転免許証などの身分証明書類、通帳類、健康保険証、証書、印鑑などをリスト化しておきましょう。また、災害時緊急連絡カードを作って、家族や親族・友人の連絡先、服薬している薬の名前や用法容量など、救援時に必要なことを事前に記入しておきます。

もちろん、持ち出す防災グッズの点検も忘れてはいけません。懐中電灯は点灯するか?ホイッスルは鳴るか?ラジオは壊れていないか?など。また、持ち出す水や食料品の賞味期限も定期的に見直しましょう。こういった細かい点検作業を重ねることが、防災につながります。

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子さん(フェリシア ラボ)

Share

関連するその他の記事

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

「#家出少女」を狙う泊め男 SNS犯罪に遭った児童・生徒の約4割がTwitter利用者の現実

SNSを介した犯罪の被害に遭う未成年者は増加傾向にあります。スマホを持つ子どもの低年齢化とともに子どものSNS利用も当たり前になってきています。SNS犯罪から子どもを守るために、親ができることは何でしょうか。ITコンサルタントの目代純平さんに聞きました。

目代純平

目代純平さん

インターネットサポートにこだわるITコンシェルジュ

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す