マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. 美容・健康
  4. 冬のむくみと冷え性を改善できる4種のフットケア

冬のむくみと冷え性を改善できる4種のフットケア

カテゴリ:
美容・健康

むくみの解消は冷えの改善につながる

冬になると、冷えを感じると同時に体が重く感じられ、むくみも気になります。体が冷えると血液を末端まで届けるのが難しくなり、このような血流の悪い状態では、体内の老廃物が回収されにくく、不要な水分が残りやすくなるため、むくみが生じるといわれています。

特に、心臓から遠い手足は影響の出やすい場所です。そのサインを見逃さず、今年の冬はスッキリと過ごしましょう。むくみ解消で血流が良くなるため、冷えの改善にもつながります。

足指、足首、太もも、足裏。4種のフットケア

1、足指を伸ばしながらまわす

足の指が縮んでいませんか?足の指には、手の指と同じように関節があり、元々伸びているものです。縮んだままでは、血流も滞り、むくみ・冷えの原因になります。

足の指を大きく動く関節から回します。少し伸ばすようにしながら、左右まわりにほぐします。反対の手で指の付け根を押さえてあげると、動かしやすいでしょう。

足指を伸ばしながらまわす

2、足首をまわす

足首は、無意識のうちに力が入っているところです。足首から下をゆらゆら揺らせますか?足首が固いと、股関節に力が入っています。また、「第2の心臓」ともいわれている「ふくらはぎ」も固くなっています。その結果、血液を送り出すポンプの力が弱まり、むくみます。

反対の手の指を足の指の間に入れ、くるぶしを持って、ほぐすように回していきます。冷え性の人は痛みを感じるかもしれませんが、1週間ほどで慣れるでしょう。

足首をまわす

3、太ももの付根を緩める

股関節まわりには、リンパ節があります。緩めることでリンパの流れをスムーズにして、むくみを改善できます。また、太ももの付根を緩めることで、太もも全体の筋肉が動きやすくなって血流も良くなり、冷え性の改善にも期待できます。

太ももの付根を緩める

4、麺棒で足裏をほぐす

足の裏にはたくさんのセンサーがあって、体重の移動などを瞬時に察知し、バランスをとっています。足裏が固くなるとセンサーが働かなくなり、足首、膝や股関節も動きが悪くなって関節や筋肉が固くなります。麺棒で刺激することにより、足裏がしっかりと使えるようになって血流も良くなります。寝る前に片足30秒ずつ行うと翌朝スッキリとします。

むくみ予防としてカフェインや酒類を控える

最後に、むくみ予防には、正しく水分を摂ることも必要です。カフェインや酒類を控え、白湯や常温の水などを多く飲みましょう。体を温めようと、ホットコーヒーやしょうが紅茶などを飲みすぎるのも注意が必要です。カフェインの利尿作用で脱水になりやすく、逆に水分を逃すまいとして、さらに体はむくむこともあります。気をつけましょう。

「品格ボディ」エクササイズのプロ

YUKARIさん(品格ボディHBMサポート)

Share

関連するその他の記事

ホットカーペットの上で寝ると体力が低下!!体を温めているつもりが実は冷えの原因?

体を温めようと思った行為が、逆に体を冷やす要因になっている事に 気付いていない人は少なくありません。 本記事では、そんな体温調節の方法について詳しくご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

寒くなるこれからの季節ヒートショックに注意!

これからの寒い季節、増えてくるのが「ヒートショック」です。近年、ヒートショックという言葉はかなり周知されてきましたが、改めてその原因・対策についてご紹介いたします。

比嘉計

比嘉計さん

故人の尊厳を大切にする特殊清掃・遺品整理のプロ

20~30歳代の膝痛は歩く時の習慣が原因?膝の痛みを治すには!?

変形性膝関節症は、高齢者に見られる症状です。中高年の方が急に運動すると、半月板や十字靭帯など明らかに関節を損傷して膝痛が発症します。関節に異常が見られるときは速やかに専門医(整形外科医)や柔道整復師の診療を受ける必要があります。一方、さしたる原因がないのに、膝に痛みを覚えている人も少なくありません。多くの場合は、上体の重さを左右の脚で均等に支えていないことが原因だと思われます。本記事では、そんな膝の痛みの解消法についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

鎮痛薬の飲みすぎで頭痛が起きる!?薬に頼らない頭痛対策は?

新型コロナワクチンの副反応に対し、接種後の備えとして鎮痛薬を買い求める人が急増しています。中には痛みが出ることを回避したいという心配から、症状が出ていないにもかかわらず鎮痛薬を服用している人もいるようです。ここで心配されることは、薬を多飲することによる頭痛です。本記事では、薬に頼らない頭痛対策についてご紹介いたします。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師・柔道整復師

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す