マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 広まる終活、最期の時までにやるべき5つのこと

広まる終活、最期の時までにやるべき5つのこと

カテゴリ:
くらし

家族の死。悲しむ間もなく押し寄せる様々な手続き

広まる終活。最期の時までにやるべき5つのこと

最近は、エンディングノートの普及とともに、「終活」という言葉さえ違和感が無くなりました。超高齢社会に突入した日本にとって「どのように人生を終えるか」は、今後最も注目されるテーマの一つです。

私も16年前に元気だった父を突然亡くしました。悲しむ間もなく押し寄せたのは、様々な手続き。誰に亡くなったことを伝えたら良いのか?口座はどこにあるのか?借入金などはあるのか?など。それこそ、残された家族全員が家の中を探し回る状態でした。だからこそ、これだけはやっておいてほしいことがよくわかります。

家族のために、やっておきたい5つのこと

1、交友関係をまとめる。

万が一の時、誰に葬儀の連絡をすれば良いのかは、残された家族が最初に困ることです。どの団体に属していたのか、誰と頻繁に会っていたのか、連絡先をまとめておくのが良いでしょう。

2、財産の記録を残す。

これも、相続人にとって、とても大切な事柄。特に借入金はリストを作成しておくと、残された家族の負担を軽減することができます。また、口座はどこにあるのか、保険には加入しているのかなど、あなたの総財産を思い出してまとめておくと、災害時などにも役立ちます。暗証番号やIDなども、保管には注意してできればまとめておきたいものです。

3、お気に入りの写真を残しておく。

一人暮らしの人が亡くなった際、遺影を探すのに大変苦労します。普段から旅行などの写真も小まめに整理しておき、お気に入りの一枚は取り分けておくことをオススメします。

4、もしもの時、どうしてほしいのか記す。

どのような葬儀を行ってほしいのか、お墓を誰に守ってほしいのか、本当は思いがあるはず。普段はなかなか言えないことを、自分の意志として残すことが大切です。

5、誰に自分の財産を託したいのか決める。

これは、相続人にとって、最も重要なことです。最後の意思が明らかでないがために、骨肉の争いが始まることもしばしば。誰に何を託したいのかを明確に記しておきましょう。

遺言の前にエンディングノートの活用を

本来、自分の意思を法的に残すには「遺言」を作る必要があります。しかし、いきなりの遺言作成はハードルも高いもの。そこで、エンディングノートの活用をオススメします。気楽に自分自身と向き合い記すことで、気づいてない家族への思いを発見することもあります。家族に負担をかけないようにするため、そして、自分が残された人生をよりよく生きるため、まずは書き始めてみることです。そして、年末年始などの家族が集まる際にも、自分の思いを少しずつ伝えていくことが大切です。

山口里美

相続で人の心と未来をつなぐサービスマインドの司法書士

山口里美さん(司法書士法人コスモ)

Share

関連するその他の記事

お葬式がコロナで様変わり?人生最後のセレモニー、先祖供養への考え方について

先祖供養やお墓の管理などを誰がするのかといったことに頭を悩ませている人も多いなか、葬儀や供養などをどのように考えばいいのでしょうか。家族葬に詳しい岡正伸さんに聞きました。

岡正伸

岡正伸さん

家族葬と終活アドバイスのプロ

こんな時だからこそ子どもと一緒に楽しめるゲームにチャレンジ!

新型コロナの影響で、子どもたちの遊ぶ時間が減りストレスが溜まってしまいます。そこで、親子で楽しめるゲームを紹介します。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

外出自粛による休業中、休校中の空き巣被害が続出 狙われる店の特徴、効果的な防犯対策とは?

泥棒が侵入をあきらめる条件や、日ごろからできる防犯対策とは。防犯・危機管理アドバイザーの神田正範さんに聞きました。

神田正範

神田正範さん

犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師

消毒用アルコールに潜む火災危険性について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、消毒用アルコールの使用機会が増加していますが、そんな消毒用アルコールの火災危険性について紹介します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す