マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 「要支援」は地域事業へ 介護はどう変わる?

「要支援」は地域事業へ 介護はどう変わる?

カテゴリ:
くらし

要支援者が予防給付から外れ、市町村主体の「地域支援事業」へ

「要支援」は地域事業へ 介護はどう変わる?

2000年(平成12年)4月1日から施行された介護保険法は、紆余曲折を経て現在13年目に突入しています。ここにきて新たに一つの重大な問題が出てきました。先般、要支援者が予防給付から外れ、市町村主体の「地域支援事業」へ移行するという提言がなされたのです。2005年改正(2006年4月施行)で、要支援を1・2の区分に分け、さらに新予防給付の目玉として「地域支援事業」が創設されました、「介護」より「予防」という観点に移ってきている中での今回の提言。介護はどのように変わるのでしょうか?

地域間格差を生み、介護保険の根底を覆す可能性も

要支援者は「介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)」や「介護予防通所介護(デイサービス)」など、国が定めた「予防給付」に基づいたサービスを受けることができます。国で定められたものであるので、全国で格差は生じません。しかし、「地域支援事業」は各市町村の采配次第では大きな差を生むことになるでしょう。被保険者に対して、必要なサービスが提供されるのか危惧されます。

また、要支援者は「予防ケアプラン」に基づきサービスを受けます。この「予防ケアプラン」は、ひとりひとりの状態に応じて適切なサービス利用を促すもので、立案できる事業者は各市町村に設置され指定を受けた「地域包括支援センター」のみです。現在、一部の業務に関しては民間に委託できる仕組みをとっている市町村もありますが、今後、すべての要支援者を「地域包括支援センター」が丸抱えとなると、本当にひとりひとりのニーズに応じたプラン作りができるのか、介護保険の根底を覆すことにもなりかねません。

高齢化に伴い、要支援者へのしわ寄せはやむを得ない?

要支援者が「地域支援事業」へ移行すると、経費は格段に抑制されます。今期の保険料は「財政安定化基金」の取り崩しで急騰を防ぐことができましたが、今後も高齢化は進んでいく見通しであり、保険給付の増大防止は急務。よって、影響が少ない要支援者にしわ寄せがくるのはやむを得ないという考え方もあるようです。

いずれにせよ、2015年には新たな事業計画に基づいた運営が始まります。被保険者の理解をどこまで得ることができ、スムーズな運営ができるのか、ここ1年は目を離すことができない話題であることは確かです。

馬淵敦士

ケアマネ・介護福祉士受験対策の専門家

馬淵敦士さん(ベストウェイ・ケア・アカデミー)

Share

関連するその他の記事

お葬式がコロナで様変わり?人生最後のセレモニー、先祖供養への考え方について

先祖供養やお墓の管理などを誰がするのかといったことに頭を悩ませている人も多いなか、葬儀や供養などをどのように考えばいいのでしょうか。家族葬に詳しい岡正伸さんに聞きました。

岡正伸

岡正伸さん

家族葬と終活アドバイスのプロ

こんな時だからこそ子どもと一緒に楽しめるゲームにチャレンジ!

新型コロナの影響で、子どもたちの遊ぶ時間が減りストレスが溜まってしまいます。そこで、親子で楽しめるゲームを紹介します。

安藤和行

安藤和行さん

子どもや親の悩みに寄り添い自立をサポートするプロ

外出自粛による休業中、休校中の空き巣被害が続出 狙われる店の特徴、効果的な防犯対策とは?

泥棒が侵入をあきらめる条件や、日ごろからできる防犯対策とは。防犯・危機管理アドバイザーの神田正範さんに聞きました。

神田正範

神田正範さん

犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師

消毒用アルコールに潜む火災危険性について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、消毒用アルコールの使用機会が増加していますが、そんな消毒用アルコールの火災危険性について紹介します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す