マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マスク内の呼吸は酸欠状態?精神や肉体活動の低下を防ぐ方法とは

マスク内の呼吸は酸欠状態?精神や肉体活動の低下を防ぐ方法とは

カテゴリ:
医療・病院

マスク内の呼吸は酸欠状態?

新型コロナウイルスが世界中に拡散し、国民の殆どがマスクをして外出するようになりました。マスクをしたまま仕事をしている職場も多いと思います。中国武漢市での感染が頻繁に報道され始めた2月頃よりマスクを着用している人も少なくないと思います。マスクをして生活している人は、頭痛・めまいや視力低下・集中力低下という症状を良く訴えます。肩が凝っているからと自己判断してこの症状を看過している人が多いように思います。マスクをして呼吸をするということは、自分の吐いた息を吸っていることになります。人は、約21%の酸素濃度の空気を吸い込み(吸気)、肺で酸素を体内に取り込んで約15%の酸素濃度の空気を吐き出します(呼気)。酸欠状態は、通常、16%の酸素濃度を吸い始めると自覚症状が現れ、低濃度になるほど症状は重くなり、10%以下で死の危険が生じてくると言われています。自分が吐いた空気は軽い酸欠状態を引き起こす濃度ですので、酸素濃度が低下した空気を吸入し続けることにより、脈拍・呼吸数の増加、頭痛、吐き気、全身脱力、意識喪失などの症状が現れるようになります。長時間マスクをして生活することは、健康を害することに繋がることが考えられます。

マスク内での呼吸で気をつけることは?

マスクを装着していると呼吸が苦しいと感じる人は、マスクの大きさ、形状や素材を見直す必要があります。あまり鼻の穴に密着していると、苦しさを感じます。口で呼吸すると苦しさを助長しますので、密集した場所に遭遇したら、鼻呼吸に終止する事が大切です。満員電車は、酸素濃度が低く軽い酸欠状態を引き起こす空間と考えられていますので、近くの窓を開ける必要があります。マスクを着用しなければいけない人は、いろいろ対策を講じている事と思いますが、それでも長い時間マスクをしていると、酸欠状態になり兼ねません。30分に1回くらい、人がいない場所を探しマスクを外して深呼吸する必要があります。マスクを着用しているときに酸欠状態を回避する対策として、次のことが考えられます。

A鼻呼吸を中心に行い、まっすぐ下へゆっくり吐き出す 
B鼻で深呼吸をするときは、吸気と呼気の時間割合を同じにして、吐いた後数秒吸わない 
C吸気と呼気の時間を出来るだけ短くする

特にCの呼吸時間は、2~3秒に1回すると、呼吸をする事による疲労の度合いが小さくなります。通常の呼吸数は1分間に12~18回とされ、多くの人は3.3~5秒に一度呼吸していますので、ちょっと短めにする事がポイントになります。早く浅い呼吸をするときは、呼吸に関する筋肉をあまり使用しないことがコツになります。この呼吸の仕方を身につけると、呼吸が乱れにくくなりますので、酸素濃度が低い空気を短時間で沢山吸い込む機会が減少します。この呼吸法は、慣れが必要です。苦しさを感じたらBの呼吸をして、時折肺を膨らませると楽になります。

酸欠状態を放置するとどうなる?

酸欠状態が続くと疲れやすくなり、身体の調子を崩すことになりかねません。精神活動に影響が出ると、思考回路が低下しますので、ミスを犯しやすくなります。やる気や根気が無くなり、集中力が続かなくなります。いわゆる踏ん張りが効かない状態になりますので、仕事の生産性が低下します。肉体活動に影響が出ると、からだに力が入りづらくなります。高地トレーニングをした後のように疲労感が出てすぐ眠くなり、頭痛やめまいを感じやすく、どことなく調子の悪さを感じるようになります。その結果、自律神経のバランスが崩れ、免疫力が低下し始めますので、感染症を発症しやすくなることが考えられます。酸欠状態は、日々解消する必要があります。上記のような症状が出始めたら、すぐ深呼吸することがお勧めです。

健康の基本は呼吸です 毎日運動をして深呼吸をしましょう

健康を維持するために、呼吸は必要不可欠です。毎朝、起きたら窓を開けて3回大きく深呼吸をすると、こころがすっきりします。運動不足の方は、ラジオ体操の最初に行う動作をしながら深呼吸する事をしてみたらいかがでしょうか。起きたとき頭がすっきりしないと言う人は、疲労が強い方です。そのような方は、脳に血液を十分循環させることが大切です。まず、目覚めたら仰向けになり上を向いて10秒目を閉じて休みます。次に右側臥位になり10秒、左側臥位になり10秒、伏臥位になり10秒、再度仰臥位になり10秒休んでから起き上がると、頭がすっきりします。その後布団に腰掛け、10回ゆっくり深呼吸をすると、酸欠状態にある身体が蘇ります。これを機会に呼吸法を学びたい方には、ヨガ(YOGA)がおすすめです。ヨガには100種類以上の呼吸法がありますので、ヨガを専門に行っている人にお尋ねいただきたく思います。酸欠状態に伴う症状の身体をすっきりさせることが出来る医療として、鍼灸治療やヨガ治療があります。心身機能の回復や免疫力向上に鍼灸治療が有効ですので、お近くの鍼灸院をご利用いただきたく思います。

清野充典

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

清野充典さん(清野鍼灸整骨院)

Share

関連するその他の記事

「マスク熱中症」の不安 暑い、息苦しい夏場のリスクや予防法は

気温が高い中、マスクを着用することで熱中症のリスクは高まるのでしょうか。新型コロナウイルスの感染と熱中症、両方の予防を行う方法とは。内科医の大西勝也さんに聞きました。

大西勝也

大西勝也さん

健康について一緒に考える心不全治療のプロ

初診でも「オンライン診療」が可能に 遠隔診療は日本の医療が変わるきっかけになるのか

4月13日から特例として、感染流行期間に限り、初診時のオンライン診療を解禁しました。新型コロナウイルスをきっかけに、日本でもオンライン診療が広がるのでしょうか。遠隔医療システムなど、医療のICT環境に詳しい嗣江建栄(しえけんえい)さんに聞きました。

嗣江建栄

嗣江建栄さん

遠隔医療で世界を変えるICT企業代表

コロナウイルス対策に必要な衛生管理と自己鍛錬による免疫強化

猛威を振るっている新型コロナウイルス。体内へのウイルス侵入を最小限に抑えるための対策方法を紹介します。

清野充典

清野充典さん

東洋医学と西洋医学の融合を目指す鍼灸師

朝ドラ「スカーレット」が最終回へ 武志の病名「慢性骨髄性白血病」とは

朝ドラ「スカーレット」第131話放送後ツイッターで病名がトレンドに入り、SNSにも悲しみのコメントがあふれるなど、衝撃を受けた視聴者が多かったようです。慢性骨髄性白血病とはどのような病気なのでしょうか。症状や現代の治療法とは。内科医の佐藤秀俊さんに聞きました。

佐藤秀俊

佐藤秀俊さん

地域に根差した内科のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す