マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 食卓を囲む時間を幸せなひと時にする方法

食卓を囲む時間を幸せなひと時にする方法

カテゴリ:
くらし

食卓を囲む時間を幸せなひと時にしませんか?

突然ですが、幸せをかんじるときってどんな時ですか?今幸せですか?と質問すると7割近くのひとが「幸せだ」と答えるそうです。泣いても笑っても同じ、1度きりの人生ならば、幸せを感じている時間が少しでも長いほうがいいですよね。

一般的に日常生活で幸せを感じるのは、

●好きなひととあっているとき
●健康なとき
●好きな音楽をきいているとき
●好きな映画や本にふれたとき
●美味しい食事を食べているとき

が多いようです。

それならば、素敵な音楽をかけながら、好きな人と健康を気遣った美味しい食事の並ぶ食卓を囲めば、毎日のように確実に幸せな時間を過ごせるのではないかと料理研究家のわたしは思います。

日常のごはんに彩りを

そもそも人が「美味しそう」と感じるのは視覚からが9割です。『味覚からはなんと1割だけ』とテーブルコーディネーターの片田友佳先生はおっしゃられています。

では、どんな視覚ならば美味しそうなのでしょうか。それは、食卓周りの景色も大きいのです。海の見えるテラスで食べるシーフードや、満開の桜の元のお弁当など最高ですね。

しかし、日常生活で、家の景色を変えることは容易ではありません。そのため、テーブルウェアやうつわなどで彩りを加えることが一番手近で美味しく感じる第一歩です。

料理を美味しく感じられる食器の選び方

パーティーや料理教室のテーブルコーディネートとなれば、同じ器を人数分揃えることもよくあります。

先日、人気の陶芸家の藤本羊子さんの個展にいったときのこと。わたしは、朝御飯に使うプレートとマグカップを選んでいました。素敵なものが多く、目移りしつつも、同じシリーズでそろえようと同じカラーのプレートとマグカップを手にとりました。すると、

「同じシリーズ、同じカラーのものをそろえると、とてもマッチしますが、必ずその組み合わせでなくてはいけないという気持ちになりませんか?そのプレートをつかうときは必ずそのマグカップを使うという毎回同じ組み合わせのテーブルになり幸せの感度が落ちてしまいます。それぞれ好きと思えるものは、あいますから、好きなプレートと好きなマグカップを選んで毎朝違う組み合わせを楽しめると幸せな食卓を彩れますよ。」

とアドバイスいただきました。目から鱗がおちるとは本当にこのことでした。

好きなものに囲まれた生き方

その日を境にして、同じものを6つずつ(うちのレッスンは6人です)購入するという買い物の仕方を変えました。好きなものはこれだからペアですらなくひとつでも買おう、というように数をそろえるのをやめました。

それでも、わたしの好きなテイストはどこかでつながっているので陶芸作家さんが違っても食卓に並ぶと落ち着きます。そして本当に気に入ったものに囲まれる生活というのは、幸せの感度が上がりハッピーな日々を過ごせます。

お客様に対しても、お召しになっているお洋服などからその方がお好きそうだなと思うカップを選ぶようにします。そのカップに丁寧にひいた珈琲をいれると、話題もひろがり、会話も楽しくなります。器の選び方ひとつとってもそんなことを意識していくと生活がぐっと豊かで彩りのあるものになると感じています。

齋藤聡子

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

齋藤聡子さん(株式会社SAI・bonnecuisine)

Share

関連するその他の記事

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

仕事帰りからでも間に合う「30分で5品」のクリスマスレシピ 時短料理のコツとは?

12月に入り、街はクリスマスムードに包まれています。でも、2019年度は24日と25日が平日。年末で仕事が忙しいなど、手の込んだクリスマスメニューは難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?30分で5品が揃うクリスマスメニューのレシピをご紹介します。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す