マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 年の差婚は後悔する!?うまくいく?10歳差、20歳差婚の現実とは?

年の差婚は後悔する!?うまくいく?10歳差、20歳差婚の現実とは?

カテゴリ:
くらし
キーワード:
婚活マッチング

年の差婚の背景には「男性は若い人を」「女性は経済力がある年上を」望む声が

芸能人が結婚すると「10歳差」「20歳差」と二人の年齢差が取り上げられるように、「年の差婚」は多くの人が注目する話題です。そして、芸能界だけでなく婚活の場でも年の差婚はあります。「男性は若い人を好む」「女性は経済力がある年上を求める」と言われますが、それは結婚相談所の登録者の年齢層とリンクしています。

結婚相談所に登録する世代は、男性の場合は35歳以上で、最も多いのが40代です。女性も同様に35歳以上ですが、その多くが44歳までです。しかも、女性の登録者は30代までが過半数を占めているのです。

つまり、婚活の場では男性は40代、女性は30代までがいちばん厚い層なので、ざっくり見積もっても10歳ほど年の差があります。そのため、女性が「10歳ぐらいまで年上の男性」を許容できれば、縁に恵まれる可能性が上がるということです。

実際、結婚に至るカップルも男性が年上の場合が主流です。私がお世話したカップルの中で、出会って3カ月以内とスピード婚をしたのも、男性が「9歳年上」と「12歳年上」でした。このように、女性が許容できる年齢の幅が広ければ「婚活は成功しやすい」と言えるでしょう。

年の差婚がうまくいく男性は経済力と健康的な見た目

ただ、現実的には、女性が最初から10歳年上の男性をお相手として選ぶかというと、そうとも言えません。独身女性が結婚相談にお見えになるとき、最初はおおよそ「同じくらいの年の人」、または「年下でもかまわない」といった希望です。しかし、婚活をしていくうちに、それでは結婚が決まりにくいことに気づき、徐々に許容する年齢の幅を広げいくようになります。

一方の男性側が「若くてきれいな女性を妻にしたい」と願う場合、いかに女性が年齢差を許容してくれるのかが成婚のポイントとなります。なお、結婚相手の条件として、男性に求められるのはまずは経済力です。そのため、「年上の男性は有利なのでは?」「年の差も受け入れてもらえるのでは?」と思うかもしれませんが、実は女性が望むのは経済力だけではありません。「見た目」も大きく左右します。

「見た目」とは、いわゆる「イケメン」といった容姿のことではありません。健康的で清潔感があるなど、実年齢を感じさせない若々しさのことです。私がお世話した年の差カップルの男性は、朝のジョギングが日課。女性より12歳上でしたが、見た目年齢が5歳は若く見えました。

婚活では、プロフィールをもとにお相手を選びます。最初からお互いの年齢を知ることができますが、写真が実年齢より若い印象であれば「会ってみたい」と思ってもらえる可能性が広がります。「男は中身で勝負だ」という意見も大賛成なのですが、次のステップに進むためには健康に留意して見た目を整えておくことがとても重要です。

年の差婚はお互いに良い影響を与えてくれる

では、年の差カップルが実際に結婚したら、どのような結婚生活を送るのでしょうか?

男性は、「若くてきれいな妻が自分を愛してくれるので、毎日家に帰るのが楽しみで生きる張り合いができた」と、妻に感謝する日々を送るようになります。女性の方は、「夫に大切に愛されて、経済的にも余裕ができ、主婦にもなれるし自分のペースで仕事を続けることもできる。人生の選択肢が広がった」と、夫に感謝する日々を送ります。

年の差婚は、今後続く結婚生活においてとても良い影響をお互いにもたらすと言えます。

年の差婚は何歳から?男女ともに年の差の許容範囲は?

結婚相談所にお見えになった女性の方に、まず「結婚するなら、何歳くらいまで年上の人が大丈夫ですか?」といった質問をします。男性に対しては「結婚するなら、何歳ぐらい年下の人がいいですか?」とお伺いします。

婚活場面でこういった会話が展開されるのは、「女性は結婚するなら何歳か年上の人がいい」「男性は若い人が好き」という理想像が浸透しているからです。実際に若い女性が経済力のある人と結婚を望む場合は年上、男性は子どもを持つことを視野に入れ、若い女性との結婚を希望する傾向があります。

そのため、婚活の現場で行われるマッチングは同級生同士ではなく年の差婚です。では、年の差婚と聞いて多くの人がイメージするのはいくつ離れている場合でしょう。女性に向けの情報サイトの調査によると、女性、男性ともに約8割の人が年の離れた相手と付き合うのは「あり」と回答しています。

何歳まで上が許容範囲かという質問では、女性の1位は10歳、2位は5歳、3位は12歳で、4位に20歳以上が入っています。男性は何歳下までが許容範囲かというと、1位10歳下、2位に20歳以上、3位は5歳、4位15歳となっています。

またブライダル関連の大手メディアによると、実際に交際しているカップルで最も多いのが、男性が2~3歳年上、2位が5歳以上、3位が同級生、4位が10歳以上といった結果で、年上彼氏が多いことがわかります。

許容範囲としては10歳以上の年の差が男女ともに1位になっていますが、恋愛カップルが結婚へと進む際、彼が10歳以上年上の場合は「まわりに反対された」といった回答も寄せられているようです。こういった調査の数字を見ていると「10歳差」がキーワードであり、10歳以上を「年の差婚」として意識する人が多いのではないでしょうか。

20歳の年の差婚はうまくいく?

結婚相手の年齢について、男女ともに10歳差は十分に許容できることがわかりましたが、20歳ほど年の差がある場合はどうでしょう。

女性が一回り以上も上の、20歳も年の離れた男性と結婚するメリットとしてまず挙げられるのは、やはり「経済的に余裕がある」ということでしょう。結婚はお金だけではありませんが、夫婦で家庭を築き生活をしていく上で欠かせない要素です。結婚当初から夫のお給料だけで家計をまかない、妻の収入はほぼ貯蓄にまわすといったことも可能になるでしょう。

しかし、夫の年齢が高いと、定年退職などリタイアの時期を早く迎えることがデメリットではあります。でも、だからこそ結婚・出産・子育てといった人生設計に具体性が増し、スピーディーに進めることができます。出会った時から、仕事で責任のあるポジションに就いているなど収入面の見通しが立てやすく、将来に向けたマネープランもスムーズに立てることができるでしょう。

ただ、夫婦ともに若い世帯よりも、短期間で子どもの教育費や老後資金などを準備する必要はあります。

経済的な余裕のほか、精神面でも落ち着きがあり包容力があるといった声もあります。夫婦の年が近いと意地の張り合いでケンカになるようなことも「すっと受け入れてくれる」、そんな余裕も感じられるでしょう。男性に頼りたい、甘えたい女性にとって年上男性は魅力的だと思いますが、しっかりタイプの女性にもマッチします。

女性は精神的に大人です。加えて結婚すると、お金のことも含め現実的に物事を見て考えるようになります。同世代の男性からすると少し手ごわい部分も、20歳の年の差があると「若いのにしっかりしていて頼もしい。結婚してもちゃんとやっていけそう」と男性にとっても、安心感につながります。

年の差婚で男性が後悔するのはどんなとき?

「若い女性と結婚したい」という理想のもと婚活に励み、夢を叶えた男性にも後悔があります。それはどんなときでしょうか。

まず、子どもの頃にはやっていた曲や遊びなど話題が合わずジェネレーションギャップを感じたり、活動的な妻に対して体力面で不安を抱いたり、といったことが挙げられます。また、ワイドショーなどでも取り上げられたように妻の浮気もあります。「妻が同世代の男性に心変わりをするのではないか」といった心配から気が落ち着かず、後悔する人もいます。

生活面においては、例えば若い妻は一人暮らしの経験がなく家事が苦手。それに対して、独身生活が長い夫は自分でそこそこできる。そのため「妻の手料理がいまいち」「掃除や洗濯などが雑」など、家事能力について不満を持ちストレスになるケースもあります。

そのほか、「妻からの期待値が大きい」といった悩みもあります。収入面はもちろん、経験値や知識など、自分が年上であるがゆえに妻から求められることが大きく、重荷になることもあります。

年の差婚の現実はライフプラン設計が重要に

男性の後悔からも年の差婚の現実が垣間見えますが、女性目線ではどうでしょう。

子どもが高校や大学に進学してお金がかかる時期に、夫が定年を迎え収入が減るといった問題があります。しかし、これは「20歳の年の差婚」のところでも触れましたが、結婚当初からわかっていることなので、妊活といった家族計画を含め、今後のライフプランについて早い段階から話し合い、計画的に教育資金や老後資金を形成していくことが重要です。

予測がつかないのは、病気や介護です。夫が年上であれば義理の両親も高齢です。子育てと並行して親の介護が始まり、女性が仕事を辞めて家庭に入るといった状況にもなりえます。妻の収入がなくなったことで資金計画も予定通りに進まず、経済的な不安が出てきます。また夫の老後が早くやってくるので、夫のケアも視野に入れる必要があります。夫にサポートが必要になったとき、子どもがまだ独立していなければ妻には相応の負担がかかります。

介護などの不安のほかに、「出会った頃は若々しい印象だったのに、結婚後はどんどんおじさんになって幻滅した」「頼りになるけれど主導権はすべて夫で、自分の意見を聞いてもらえない」といった悩みもあります。

年の差婚と子ども、苦労するポイントは?

年上の夫と若い妻の場合、子づくりのタイミングが合わないといった悩みがあります。妻の方は、「あと数年は仕事をがんばってその後に子育てをしたい」、夫の方は「自分の年齢と子どもの成長を考え、早くほしい」といったケースです。

子宝に恵まれても、運動会などで若いパパと比べられてしまうことがあります。子どもの前で「かっこいいパパでありたい」と願う男性にとっては、体力で差が出るのはさみしいでしょう。「見た目」にも通じますが、健康のためにも、そして子育てのためにも適度な運動で体づくりをしておくことは大切です。

でも、こういった違いも前向きにとらえましょう。夫と妻の年齢差があると、それぞれの世代がもつ価値観を生かし、同世代夫婦とは違った多様性のある子育てができます。

女性が年上の年の差婚の場合は?

年の差婚と言っても、「男性が年上の場合」と「女性が年上の場合」があります。仕事ができて、精神的も経済的にも自立している女性は魅力的です。しっかりしていて面倒見のいい女性にひかれる男性も多いでしょう。

女性も、相手が少し頼りないと感じても「年下だから」と許せる部分も出てきます。やさしくて、自分の意見を聞いてくれる年下の夫に癒やされる人もいるでしょう。

経済的な面においても、結婚したときは女性と収入が変わらない、あるいは女性の方が多いいかもしれませんが、いずれ夫もキャリアを積んでいきます。また、夫が働く期間が長いので、教育費や老後の蓄えについても長期的な視点で考えることができます。

ただ、男性が年上の場合と異なり、10歳、20歳という大きな年の差を望む人は少ないでしょう。若い夫と並んだとき自分が老けて見えるのを気にしたり、子どもを望む場合は出産の時期を意識したりします。前述の女性向け情報サイトの調査によると、女性が年上の場合は、男女ともに許容範囲は5歳差までが最も多い結果となっています。

年の差婚はうまいくの?気になる離婚率

年の差がある夫婦は、円満な結婚生活を送っているのかどうか。アメリカのエモリー大学が3000組のカップルに行った調査によると、同い年カップルの離婚率が最も低く、年齢差が大きくなるとともに離婚率が上がっているそうです。1歳差で離婚率は3%、5歳差で18%、10歳差で39%、20歳差で95%といった結果です。

結婚は、二人の育った環境や価値観が似ている人とうまくいくと言われています。年齢が近いと、これまで過ごしてきた時代、つまり社会的背景に大きな違いがないので、共通する話題が多くギャップが少ないのかもしれません。

離婚理由を見ていくと、日本で上位にくるのは性格の不一致です。確かに年齢差があることで「相手と合わない」と思うことはあるでしょう。しかし、夫婦で暮らしていて感じる「性格の不一致」は、どちらかが思いやりに欠けていたり、相手を尊重する気持ちがなかったり、ともに寄り添い人生を歩む姿勢がないことを意味するのではないでしょうか。

結婚とは生活であり、それぞれの素の部分が出て我を通す部分が出てきます。だからこそ、お互いに譲り合あい、協力することが大切なのです。年齢に関係なく、そういう思いをもって生きていかなければ終わりを迎えてしまうでしょう。

10歳差を許容できれば婚活の成功確率は大きく高まる

女性にとっては、男性が年上の場合は年の差を受け入れるまでの過程で「将来、夫の介護をすることになるのでは」と戸惑う方もいます。それでも許容していくのは、男性から強い愛を受け取っていくうちに、幸せだと感じて愛を育むようになっていくからです。

女性にとって、いつまでも夫からの愛を受け取っていく結婚生活というのは、理想です。死が分かつまで愛され続けられる理想の結婚像が夢ではなく現実になります。

幸せな結婚生活を手にいれるためには、まずは、お互いが幸せに思う相手を見つけることです。フィーリングが合う相手に出会うのはそう簡単ではないので、年の差を気にして前に踏み出せないのはもったいないことです。10歳までの年の差を許容できれば、婚活が成功する可能性が大きく高まります。

小西明美

本気で愛されるための体質改善を提案する仲人士

結婚コンサルタント

小西明美さん(グレイスマリッジ広尾)

Share

関連するその他の記事

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

貸金業法に触れる「給与ファクタリング」とは。新たな手口も?悪質な手口から身を守る方法について

東京都の給与ファクタリング業者が全国初摘発されました。その手口の実態や、悪質な業者から身を守る方法について、司法書士の椎名尚文さんに聞きました。

椎名尚文

椎名尚文さん

多重債務などの借金問題を解決する債務整理のプロ

新型コロナウィルスの飛沫防止用シートに係る火災予防上の留意事項について

物販店等のレジカウンター等へ感染拡大防止対策の観点から、飛沫防止用シートの設置が増えていますが、防火防災の観点からは問題になるケースがあるのをご存知でしょうか?この記事では、飛沫防止用シートの火災防止について詳しく説明します。

中野秀作

中野秀作さん

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す