マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. サルは温泉でストレス解消?一方でペットの入浴はストレス源かも

サルは温泉でストレス解消?一方でペットの入浴はストレス源かも

カテゴリ:
くらし
解決!アスクミー JIJICO

サルも温泉でストレスを解消している可能性があるという研究発表

温泉に入る野生のニホンザルが見られる「地獄谷野猿公苑」温泉は、海外でも広く知られています。このサルたちの温泉に入るという行為。これによりサルもストレス解消をしている可能性があることを京都大霊長類研究所のラファエラ・サユリ・タケシタ研究員のチームが国際科学誌電子版に本年4月3日発表しました。

これは、冬季にサルの便中に含まれるストレスの指標となるホルモン濃度を測定することで分かったということです。動物も環境等により様々なストレスに暴露され、その結果、おのずとその対応策を見出してきていると考えて間違いないと思われます。

ペットは野生のサルとは違う環境にいるためむしろ入浴はストレスかも

一方、家族の一員としての存在となっているペットたちにとって、上述のニホンザル同様に入浴がストレス軽減につながるかどうかというと私自身は否定的な見解を持っています。

大きな違いは二つあり、一つは、安定した生活環境。もう一つは、能動的入浴か受動的入浴かによります。ペットの多くは空調のきいた室内に生活し、季節環境によるストレスを受けにくくなってきています。

また入浴に関してほとんどのペットが受動的入浴であり、入浴の後、消化器症状を呈し来院するケースも少なくありません。いわば入浴がストレスとなるケースが多いと感じています

ペットの入浴についての3つの意義

では、ペットの入浴に関しその必要性(目的)を考えた場合、次の3つがあげられます(この際の入浴とは、シャンプーなども含めます)。

  • 1.皮膚病治療
  • 2.衛生的観点
  • 3.美容的観点

1の皮膚病に対しての治療としてシャンプーをしていただく場合、症状や病態にもよりますが1週間に1回から2回の薬浴をお勧めしています。その際用いるシャンプー剤は、動物病院で処方される適切な薬用シャンプーを用いてください。

皮膚病の多くは、皮膚の抵抗力が低下しており、皮膚に常在する細菌が原因となり病態が悪化しているケースがほとんどとなります。

2の衛生面について、排便排尿により局所的に汚れる場合は、必要に応じて部分洗いをお勧めしています。

3については、ペットの品種や飼い主の方々のご都合などから月1回程度が多いように思います。

動物の皮膚は、被毛と皮脂により皮膚バリアが形成されています。通常、シャンプー剤(もちろん動物用)などを用いて洗う場合、上記1の皮膚病以外の場合は、月に1から2回程度が皮膚バリア破壊につながらなく適切な回数といえます。

湯温は38度前後とし、シャンプー後はしっかりすすぎ、ドライヤーを用いて十分乾かすことが必要です。ドライヤーを使用する際は温風で火傷をする場合もありますので体から離して、温風・冷風を交互に使い毛の根元から乾かしてください。

ペットにとって入浴は、幼少の頃より慣れ親しんでいて自ら望む場合を除き、ストレスとなる場合が多く、また、シャンプーの頻度やシャンプー剤よっては皮膚への悪影響につながる場合があります。今一度、かかりつけの獣医師に相談してみてください。

田村兼人

動物を治療しながら飼い主の心もケアする獣医療のプロ

田村兼人さん(たむら動物病院)

Share

関連するその他の記事

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

子どもの反抗期、秋の夜長におふとんができることとは?

夏休みや大型連休も終わり、「子どもたちには、そろそろ落ち着いて学生生活を送ってほしい」と願う保護者も多いでしょう。口数も減った難しい年頃の子どもに、親として何ができるでしょうか。

米田創

米田創さん

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す