マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 遺品整理でうっかりやってしまいがちなNG行為、ここに注意

遺品整理でうっかりやってしまいがちなNG行為、ここに注意

カテゴリ:
くらし
解決!アスクミー JIJICO

遺品整理を自分たちで行う場合に、ついうっかりやってしまいがちな行為があります。また、自分たちで行わずに遺品整理業者へ依頼する場合も、依頼するタイミングを気にしておきたいもの。そして実際に作業してもらうときには、ある程度モノの確認をさせてもらうことも大切です。ちょっとしたことに気を付けたり配慮したりするだけで、遺族が後から困ったことになったり、後悔することを防止しやすくなります。

うっかり処分してしまうと困るものは意外とたくさんある

自分たちで片づけをしようと整理を始めたものの、徐々に部屋が散らかってしまい足の踏み場がなくて困ったり、体力が続かなくて思うように進まなかったりするケースは多くあります。

片づけは、整理や収納されたモノ、数十年積み上げたモノを崩さなければなりません。最初は、処分するものや亡き人の所縁のモノを確認しながら進めていったのだけど、そのうち面倒になり、ちらっと確認してどんどん捨ててしまう。そんな中で起こりがちなのが、うっかり捨ててしまったというものです。

そのひとつが、インターネットプロバイダーからレンタルしているルーターやレンタルDVDなどのレンタル品です。その他には、貴金属、封筒に入った手紙や請求書、重要書類のお知らせ、住所録などもドサクサで捨ててしまう場合があります。

また、リモコンをうっかり捨ててしまい、後で困る人もいます。今では、室内の電気、扇風機、テレビ、エアコンなどリモコンがなければ使えない電化製品が多くあります。自宅なら対応するリモコンもわかりますが、実家などではわからない人もいるからです。

特に一軒家に多いのが、鍵を捨ててしまって困るケース。この鍵はなんだろうと思いつつも捨ててしまい、後で金庫や物置、引き出しが開かなくて困る人がいます。

また、相続などの際に必要な書類もそうです。不動産売買の時にあると助かる書類、税金の計算をする際に必要な資料など、何が必要なのかわからないため捨ててしまうのです。

ですから、親が元気なうちに、親しか分からないモノは分かるようにしてもらったり、財産に関する書類はまとめたりしてもらうなど、片づける人が困らないようにしてもらうことも必要です。

遺品整理業者に依頼するタイミングはじっくり確認できる時間があるとき

遺品整理業者への依頼は、落ち着いてじっくり整理できる時間が確保できるときが一番です。急いで依頼したために、じっくり遺品を確認できずに処分してしまい、あとで悔やむ人がいるからです。遺品整理後、落ち着いたころにふと思い出し、あの品物はやはり取っておけばよかったとか、相続手続きのときに書類がなくて、再発行手続きなどで時間を費やしてしまったというケースもあります。

法的に必要な書類などは事前に確認しておきたい

業者へ早く依頼する理由としては、相続を行う際に必要となる遺言書、通帳、印鑑、権利証などが見つからない、家賃をもう1か月分負担したくない、家主さんの意向で早急に退室しなければならないなどです。

重要書類が見つからないということがないよう、親には財産関係の書類等の保管場所を誰かに伝えておいてもらったり、片付けをこまめに行ってもらったりすることも大切です。

遺品整理は所有者以外の人が行うから時間がかかる

なお、遺品整理を自分たちで行ってみたけれど、挫折して業者へ依頼するケースは多くあります。最初はたいしたことないだろうと思っていたのが、押し入れの中やタンスの見えていない箇所のモノの多さに気づき、無理だとわかるからです。引っ越しとは違い、分別する量も時間も引っ越し以上に費やすのが遺品整理です。引っ越しは基本的に自分のモノが対象ですが、遺品は所有者以外の人が行うため大変なのです。

今は、生前整理やお片付けコンサルティングなどの業者もあります。そのような業者に依頼したり、親子一緒に片づけをしたりすれば、どこにどのようなモノがあるのかわかり、遺品整理をする際の家族の負担が減ります。

まずは一度時間を作って、引き出しの整理や押し入れの整理などを行ってみましょう。

明石久美

窓口1つで老後、葬儀、相続・死後整理をサポートするFP

ファイナンシャルプランナー

明石久美さん(明石シニアコンサルティング)

Share

関連するその他の記事

SDGsにもつながる「サーキュラー・エコノミー」とは? 中小企業の取り組み事例からビジネスチャンスを知る

今、期待されているサーキュラー・エコノミーの考え方とはどのようなものなのでしょうか。国内の取り組み事例をはじめ、今後の展望と課題について、中小企業診断士の岡本洋平さんに聞きました。

岡本洋平

岡本洋平さん

中小企業の「SDGs経営」導入・支援に特化したプロ

創業90年3代目ハンコ屋が『脱ハンコ騒動』から観る時代の転換点

本記事では、創業90年のハンコ屋店主による、コロナ禍で進むデジタル化での『脱ハンコ騒動』について詳しく記載されています。

小林仁

小林仁さん

「物語」のある商品でお客さまの背中を押す印鑑と認定証作りのプロ

「ありがとうハザード」「お先にどうぞパッシング」などのカーコミュニケーション。教習所で教わらない運転マナーとは?

運転中、車線変更で前に入れてもらった時に「ありがとう」の意味でハザードランプを点滅させるドライバーは少なくないはず。カーコミュニケーションは、本当に快適なカーライフのために必要なマナーなのでしょうか。安全運転指導の講師である花月文武さんに聞きました。

花月文武

花月文武さん

安全運転指導のプロ

貸金業法に触れる「給与ファクタリング」とは。新たな手口も?悪質な手口から身を守る方法について

東京都の給与ファクタリング業者が全国初摘発されました。その手口の実態や、悪質な業者から身を守る方法について、司法書士の椎名尚文さんに聞きました。

椎名尚文

椎名尚文さん

多重債務などの借金問題を解決する債務整理のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す