マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 夫のイクメン気取りを許せない妻が増加中?実情と理想はどうなのか

夫のイクメン気取りを許せない妻が増加中?実情と理想はどうなのか

カテゴリ:
くらし

育児に携わる男性が増加傾向

育児は女性だけでなく男性もすべきと叫ばれるようになり、「イクメン」という言葉が世の中に浸透するようになりました。
世間を見ても育児に携わる男性は確実に増え、離婚した夫婦で父親が親権をとるケースが増えている事からも分かるように、育児に関する男性の意識は高まっているようです。

イクメン気取りの夫に女性側から怒りの声が

9643821125fdcf25b3ad7e8042e9433b_m

そのような中、「この程度の育児でイクメン気取りになるな!」等の女性側からの怒りに満ちた声があがっています。
それは何故でしょうか。
私は女性が怒りの声をあげるのには2つの要因があると思います。

1つは女性が「イクメン」という流行に過剰に反応して、「男性も女性と同じやり方で育児をしてくれる」「男性も育児を第一に考えてくれる」という思いを抱いていることです。そして自分が抱いていた理想の「イクメン」との現実に違いがあるので、「この程度の事でイクメンを気取るな!」という怒りになるのです。
この怒りは「育児をしないこと」に対する怒りではなくて「自分の理想とするイクメン」でない事に対する怒りです。

2つ目は以前「女性から男性へのDV」のコラムでも書きましたように、女性の人権という錦の旗の前での安心感です。
夫が妻の立ち居振る舞いを批判すると世間から批判され、離婚やDVの要因となりえます。
しかし、女性が男性を批判しても問題にはならず(むしろ奨励される風潮があります)、妻もそれがわかっているので声を大にして夫を批判できるのです。

多くの男性は自分の立ち位置を認識している

女性から見ると(男性から見ても)、確かに「イクメン気取り」の人はいます。
ところが、子どもを持つ男性全てがこのような「イクメン気取り」なのでしょうか。
ご存知のように世の中には育児に熱心で、妻よりも家事や育児が上手い男性は大勢います。(私自身「イクメン」という言葉は好きではありませんが、ぐうたら主婦よりは、よっぽど的確な育児をしている自負はあります)。
また、素直に「自分は育児が苦手」「自分がしている事ぐらいでは育児と言わない」と、自分の立ち位置を認識している男性も多々います。

「イクメン気取り」と本当の「イクメン」、あるいは「育児が苦手と認識している男性」の割合はそれぞれどの程度なのか、はっきりとした数値はありません。
そう考えると「イクメン気取り」に困っているのはあくまでも一部の女性です。
夫が熱心に家事育児をして家庭円満なケースもありますし、夫が家事育児を全くしないけど、家庭円満なケースもあります。
自分の夫が「イクメン気取り」な姿に、怒りが込み上がる女性の気持ちもわかりますが、まるで全ての男性が「イクメン気取り」や全ての女性が苦労をしている等の偏った彼女たちの声にも世間(男性だけでなく女性も)は怒りを感じています。

余談ですが、「イクメン気取り」ならぬ「育児のプロ気取り」(何かと子どもに干渉し、自分の価値観を子どもに押し付けたり、押し付けていることに気付かない親)な女性も沢山います(むしろ、「イクメン気取り」よりも多数いるように見受けられます)。
この事に気付いていない母親は、成人した子どもから距離を置かれたり攻撃をされて、心理的不安定になることがあります。

育児は家庭円満のための手段の一つと認識することが重要

そもそも、家事や育児の割合は夫婦半々でなければいけないのでしょうか。
また、育児や家事のやり方は夫婦同じでなければいけないのでしょうか。
私のコラムでも再三述べてきたように、育児や家事というのは家庭が円満になるための手段の一つです。
例え夫が「イクメン気取り」でも子どもが健やかに育ち家庭が円満であれば、嘆くようなことではないのです。
そして世の中の女性は「イクメン」に憧れているようですが、夫が自分よりも家事・育児ができると、妻自身がプレッシャーを感じたり夫に嫉妬をするのも現実の一つです。 

中原崇

家庭支援カウンセリングのプロ

中原崇さん(ほっとファミリー杜若(かきつばた))

Share

関連するその他の記事

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

子どもの反抗期、秋の夜長におふとんができることとは?

夏休みや大型連休も終わり、「子どもたちには、そろそろ落ち着いて学生生活を送ってほしい」と願う保護者も多いでしょう。口数も減った難しい年頃の子どもに、親として何ができるでしょうか。

米田創

米田創さん

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す