マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 育休復帰をスムーズにするために 夫との育児や家事の分担は必須か?

育休復帰をスムーズにするために 夫との育児や家事の分担は必須か?

カテゴリ:
くらし

夫が育児や家事を分担することで夫婦間は上手くいくのか?

d54c4c8f34ff390180639cbae5c3a309_m

育休から職場に復帰する時は、誰しも様々な不安を抱えると思います。
そのような中、女性が育休から復帰する際に育児や家事を夫と分担することが不可欠という声をよく聞きます。
しかし、単に夫が家事や育児をしたからといって女性のストレスが軽減されるわけではありません。

夫婦のやり方が一致することは稀である

以前私が執筆した「夫が家事を手伝うと夫婦円満になるのか」でも述べましたように、家事や育児はやり方が千差万別で、やり方や考え方が一致する事のほうが珍しいでしょう。
そして、この価値観の違いを受入れられない夫婦があるのも現実です。
中には「夫が家事や育児をすると逆にイライラする」「この程度で家事をした気になるなんて、女性が迷惑。」と声高々に掲げる方もいます。(バラエティ番組等では錦の旗のように、とりあげられることがあります)。

また、家事や育児を分担しても、子どもを見る目には夫婦で温度差があります。
例えば「子どもがお茶をこぼしたのだから、謝るようにあなたからも言ってよ!」と言い夫に腹を立てている妻。
一見すると妻は子育てに熱心で夫はサボっているように見えますが、これは温度差の違いです。
妻にとってはこの場で謝ることが大切だが、夫にしてみたら小学校に入るまでに謝れる習慣が身に着けばいいというだけです。

夫婦の価値観の違いを受入れることが大切

世間には家事育児は女性がすべきという風潮があるのは事実です。
だからでしょうか。女性がする家事は正当で、それにそぐわない男性の家事は不当という風潮も存在します。
しかし、男脳女脳と言われるように、男性と女性では物事の捉え方がハッキリと違い、それは家事育児に対しても同様です。
「女性も働く時代だから、男性も家事や育児をしろ!」という女性の声は一理ありますが、そのような声を上げている女性が「男性の家事・育児の捉え方は女性と違う」「その違いに自分はストレスが伴うかもしれない」という予測ができているかというと、大半の人は出来ていないように思われます(そもそも大半の女性はこのように理屈的には考えないと思います)。

この価値観の違いで、相手を批判する態度をとる人は、結局のところストレスがたまり、スムーズな育休復帰とはならないでしょう。
それだけでなく、そのような親の態度を見て育った子どもは「自分のやり方を押し付ける」「他者と考え方が違うことを受入れられない」「他人の好意を否定する」といった性格になりかねません。
これでは本末転倒です。

逆に価値観の違いを肯定的に捉えられる人はストレスも溜まらず、スムーズな育休復帰となるでしょう。
それだけでなく、子どもも「他者と自分の違いを受入れられる」人格に育ちます。
夫のことを「大きな子ども」という妻がいますが(確かにそういった夫も沢山います)、自分と違ったやり方を受入れられない妻も同様に「大きな子ども」です。

中原崇

家庭支援カウンセリングのプロ

中原崇さん(ほっとファミリー杜若(かきつばた))

Share

関連するその他の記事

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

子どもの反抗期、秋の夜長におふとんができることとは?

夏休みや大型連休も終わり、「子どもたちには、そろそろ落ち着いて学生生活を送ってほしい」と願う保護者も多いでしょう。口数も減った難しい年頃の子どもに、親として何ができるでしょうか。

米田創

米田創さん

その人にあった寝具で快眠へと導くプロ

還暦祝いとは?父・母や、男性・女性に贈る変わったプレゼントをご紹介

還暦の由来や意味などから、なぜ60歳を特別に祝うのか?どうして赤い物をプレゼントするのか?など、意外と知らない還暦の基礎知識についてご紹介します。

茂木秀一

茂木秀一さん

贈る人の想いをオリジナルギフトにして感動を届ける彫刻のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す