マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 無認可保育所入所を巡り自治体を提訴!かかる費用は誰が負担?

無認可保育所入所を巡り自治体を提訴!かかる費用は誰が負担?

カテゴリ:
くらし

子どもを持つ共働き夫婦にとって大きい保育園の問題

共働き夫婦が子どもを授かったとき、初めに当たる高い壁の一つが保育園の問題です。
この問題、考えてみればかなり前から議論されているにもかかわらず、あんまり解決していないようにみえます。
小学校に上がれば上がったで、学童のお迎えの壁が待っていますが、少なくとも保育園に通わせている間は、転居をするのも一苦労です。

無認可保育所入所を巡り自治体を提訴する事態に

そんな中、三鷹市に対してお子さんを無認可保育所に入れざるを得なかったお母さんが費用の一部である60万円を求めて提訴しました。
つまり、保育所の確保は自治体にあるのだから費用を支払って欲しい(おそらく認可保育園に入園できた場合との差額ではないかと思われます。)ということです。

無認可保育所、もしかすると子育てから離れている世代はご存じないのかもしれませんが、かなりの費用負担となります。
保育料だけで大体月額6万円くらいが相場ですから、一人暮らしのアパートの家賃並。
補助金を設けている自治体もあるようですが、これはすべての自治体に当てはまるわけではありません。
また、無認可保育所には質のばらつきもあり、どこに入っても安心というわけではありません。

居住地域によっても違いますが、現在、保育園の入園選考はある意味「ダメなとこ探し」なところがあります。
近所に親御さんがいるから面倒見られそう、だからダメ。
夫婦フルタイムだけどお金の余裕がありそうだから認可でなくてもいいでしょう、だからダメ。
つまりそういう選考をしなければ決められないほど、待機児童がいるということなのです。
この問題が解決しない限り、表面的な政策をしただけでは少子化問題は改善しないとも思われますが、ではこの訴訟はどうなったのでしょうか。

第一審では、市には最善を尽くす責務はあるが義務はないとして、請求を認めませんでした。
つまりいわゆる行政としての努力を果たす責任はあるが、法的な義務はない、としたわけです。
児童福祉法第24条では「市町村は、この法律及び子ども・子育て支援法 の定めるところにより、保護者の労働又は疾病その他の事由により、その監護すべき乳児、幼児その他の児童について保育を必要とする場合において、次項に定めるところによるほか、当該児童を保育所(認定こども園法第三条第一項 の認定を受けたもの及び同条第九項 の規定による公示がされたものを除く。)において保育しなければならない。」と定められていますが、これは法的な義務づけを行なったものではないという解釈なのでしょう。

ドイツでは自治体が補償することを認めさせる判決

さて、同じような訴訟でも補償を認めた例があるのがドイツです。
ドイツの刑事・民事分野の最高裁に相当する連邦通常裁判所は2016年10月20日、「地元行政が所得を補償する義務を免除されるのは、入念な計画に基づいて整備したにもかかわらず保育所不足が起きたと証明できた場合のみに限られる」と指摘して、補償を認めました。
この結論の違いには行政訴訟に対する裁判所の姿勢の違いなどその他の要因もあるようにも思いますが、ドイツでは十分な数の保育所を提供する義務を負うと定めた法律が制定されていることがかなり大きかったのではないかと思います。

立法、司法、もしかすると皆さんにとっては「私たちには関係ない」と思われる方もおられるかもしれませんが、こうしたところが私たちを守ってくれているか私たち自身が見守ることが、ゆくゆくは暮らしやすい社会を作ることになると私は思っています。

白木麗弥

身近な相談相手として、問題を解決できる女性弁護士

白木麗弥さん(ハミングバード法律事務所)

Share

関連するその他の記事

「老老介護」「認認介護」そして「遠距離介護」。高齢化社会の介護問題で考えるべきこと

65歳以上の子どもがさらに高齢の親を介護する「老老介護」、夫婦ともに認知症という「認認介護」の問題などが問題に。こらからの介護について社会福祉士の中原崇さんに聞きました。

中原崇

中原崇さん

家庭支援カウンセリングのプロ

菊池桃子がエリート官僚と再婚。アラフィフ、アラカンの熟年結婚の理想形とは?

芸能界では、元アイドルで女優の菊池桃子さん(51歳)が、経済産業省エリート官僚の新原浩朗さん(60歳)との再婚を発表しました。若いカップルの結婚と50、60代の結婚は何が違うのか、夫婦間の問題に詳しく、離婚相談・夫婦再生の相談を数多くこなしている村越真里子さんに、幸せな熟年結婚の秘訣を聞きました。

村越真里子

村越真里子さん

夫婦の問題を解決する専門家

30分で5品も作れるハロウィンレシピ!

ようやく暑さもおさまり本格的な秋ですね。そして、ここ数年大いに盛り上がりを見せているのがハロウィンです。そこで今回は、私が運営している料理教室bonnecuisineでも好評を博した、わずか30分で5品もハロウィンレシピが作れる方法をご紹介いたします。

齋藤聡子

齋藤聡子さん

女性のライフスタイルを彩る料理研究家

増税前に買いだめした日用品や化粧品。ストック品の収納場所に困ったいまこそ意識を変えるチャンス

10月1日からの消費税アップの前に、少しでも、家計の負担を抑えようと、食品以外の細々とした消耗品などを、大量に購入してしまったという人も多いはず。普段は目につくところに置かないそんな大量のストックが、家の中を占領していませんか。

高橋和子

高橋和子さん

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す