マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. マイベストプロ TOP
  2. JIJICO
  3. くらし
  4. 年末の大掃除 今年は掃除だけではなく整理整頓もしてみませんか?

年末の大掃除 今年は掃除だけではなく整理整頓もしてみませんか?

カテゴリ:
くらし

今年は大掃除と一緒に整理整頓にもチャレンジ!

4a11b745ae379556be96490341e7020e_m

12月に入り、今年もあとわずか。
年末にかけて、大掃除をしようと意気込んでいる人も多いはず。
せっかく大掃除をするのだから、ついでに整理整頓をして部屋をすっきりさせたいものです。
大掃除とかねて整理整頓する大掃除片づけ術を紹介します。

すっきりリビング大掃除片づけのポイント

リビングは、天井や照明器具を掃除するとパッと部屋が明るくなるので、大掃除したいポイントです。
でも、照明器具を掃除する時に、テーブルの上やソファの上に、物がゴチャゴチャ置いてあったり、床に新聞紙や雑誌が置きっぱなしにしてあると、上から落ちてきたホコリやゴミで、汚れてしまい、二度手間の掃除が必要になります。
そんな二度手間を省くために、大掃除前に、テーブルや床の上の物を片づけます。

家族が多くなるほどリビングは、家族の私物置場と化していることも。
家族に「片づけて」と言っているうちに、気付いたら来年になっていたという心配があるのなら、個人別の収納BOXを作って、取りあえず入れておけば、勝手に捨てることなく片づけできます。
テーブルの上に置きっぱなしの書類やDM、子ども関係のプリント類は、書類BOXで、ざっくり収納BOXと重要BOXを作り、片づけしながら分類すれば、重要書類や提出書類を紛失することがありません。

テーブルの上が片づいていると部屋はスッキリ見えます。
そして、床にダンボール箱や紙袋に入った物が直置きされていませんか?
大掃除時期は、中身を確認して整理するチャンスです。
リビングの物が片づいていれば、大掃除は格段にしやすくなります。

福を呼ぶ玄関大掃除片づけポイント

新年を迎えるにあたって、福を呼び込むためにも玄関掃除は必須。
玄関大掃除は、下駄箱の靴を全部出して、下駄箱の棚を掃除します。
ついでに靴の整理整頓をするチャンスです。
全然履かない靴やひどく傷んでいる靴をピックアップして捨てましょう。

片づけポイントは、冬場で履くことのない夏の靴。
出番がなくて気が離れているサンダルやミュールは、今捨てやすいアイテムです。
それに、靴磨きセットも汚れている物や不要な物は捨てて、カゴで収納しましょう。
玄関のたたきに、たくさんの靴が出ているのはNG。
たたきには、今日履いた靴と普段履きの1足を置くようにして、あとの靴は全部下駄箱に収められるように靴の整理をします。
また、傘や靴べらなどの小物も置き場所を確保。

玄関は、その家の第一印象を決める場所です。
整頓した後には、グリーンやインテリア小物で、新年を迎える設えをしてみましょう。
好印象まちがいなしです。

大掃除は段取り8割と言われるくらいに、前準備が大切です。
実は、その前準備に「片づけ」が占める割合が多いのです。
大掃除しながら整理整頓できたら一石二鳥です。
共働きや忙しい家庭にピッタリの大掃除片づけ術で、爽やかな新年を迎えてください。

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子さん(片づけ上手塾)

Share

関連するその他の記事

ネズミの大量発生による被害拡大!?どうすれば駆除できる?

ネズミは我々の生活に大きな脅威となる害獣です。病原菌を媒介し感染症を引き起こすだけでなく、家財をかじって経済的損失を招く可能性もあります。本記事では、ネズミの正しい対処方法をご紹介します。

内田翔

内田翔さん

快適な暮らしを取り戻す、害獣害虫駆除の専門家

害獣・害虫は人間にどのような被害をもたらすのか?害獣駆除で安心な暮らしを取り戻す方法

近年、農作物や家屋に被害を与える害獣・害虫が増加しています。農地や住宅街に侵入し、食害や糞尿による汚染等の問題を引き起こしています。本記事では、害獣・害虫駆除の必要性とその選び方について解説します。

内田翔

内田翔さん

快適な暮らしを取り戻す、害獣害虫駆除の専門家

終活―――生前整理をする時に気をつけるべきこと

外出が躊躇われる状況になって以来、身の回りのモノの片付けに手をつける方が多くなっています。家に居る時間が増え、思いがけず溜まった服や趣味のコレクションなどに向き合うよい機会となったようです。そこで、終活の一環として身の回りを整理する時の注意点を四つご紹介いたします。

薩野京子

薩野京子さん

死の準備を通して人生の輝かせ方を教える終活の専門家

ファクトチェックの考え方とは?氾濫する情報の中に埋もれる現代人は、何を判断材料にすればいい?

情報の海の中から正しいものだけを読み取り、思い込みによる誤った判断を回避するために、日頃から私たちは何を心掛けるべきでしょうか。研究開発プロデューサーの中喜隆さんに聞きました。

中喜隆

中喜隆さん

日本の研究開発を効率的にアップデートする専門家

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す