マイベストプロ

JIJICO powerd by マイベストプロ

  1. 年末の大掃除 今年は掃除だけではなく整理整頓もしてみませんか?

年末の大掃除 今年は掃除だけではなく整理整頓もしてみませんか?

カテゴリ:
くらし

今年は大掃除と一緒に整理整頓にもチャレンジ!

4a11b745ae379556be96490341e7020e_m

12月に入り、今年もあとわずか。
年末にかけて、大掃除をしようと意気込んでいる人も多いはず。
せっかく大掃除をするのだから、ついでに整理整頓をして部屋をすっきりさせたいものです。
大掃除とかねて整理整頓する大掃除片づけ術を紹介します。

すっきりリビング大掃除片づけのポイント

リビングは、天井や照明器具を掃除するとパッと部屋が明るくなるので、大掃除したいポイントです。
でも、照明器具を掃除する時に、テーブルの上やソファの上に、物がゴチャゴチャ置いてあったり、床に新聞紙や雑誌が置きっぱなしにしてあると、上から落ちてきたホコリやゴミで、汚れてしまい、二度手間の掃除が必要になります。
そんな二度手間を省くために、大掃除前に、テーブルや床の上の物を片づけます。

家族が多くなるほどリビングは、家族の私物置場と化していることも。
家族に「片づけて」と言っているうちに、気付いたら来年になっていたという心配があるのなら、個人別の収納BOXを作って、取りあえず入れておけば、勝手に捨てることなく片づけできます。
テーブルの上に置きっぱなしの書類やDM、子ども関係のプリント類は、書類BOXで、ざっくり収納BOXと重要BOXを作り、片づけしながら分類すれば、重要書類や提出書類を紛失することがありません。

テーブルの上が片づいていると部屋はスッキリ見えます。
そして、床にダンボール箱や紙袋に入った物が直置きされていませんか?
大掃除時期は、中身を確認して整理するチャンスです。
リビングの物が片づいていれば、大掃除は格段にしやすくなります。

福を呼ぶ玄関大掃除片づけポイント

新年を迎えるにあたって、福を呼び込むためにも玄関掃除は必須。
玄関大掃除は、下駄箱の靴を全部出して、下駄箱の棚を掃除します。
ついでに靴の整理整頓をするチャンスです。
全然履かない靴やひどく傷んでいる靴をピックアップして捨てましょう。

片づけポイントは、冬場で履くことのない夏の靴。
出番がなくて気が離れているサンダルやミュールは、今捨てやすいアイテムです。
それに、靴磨きセットも汚れている物や不要な物は捨てて、カゴで収納しましょう。
玄関のたたきに、たくさんの靴が出ているのはNG。
たたきには、今日履いた靴と普段履きの1足を置くようにして、あとの靴は全部下駄箱に収められるように靴の整理をします。
また、傘や靴べらなどの小物も置き場所を確保。

玄関は、その家の第一印象を決める場所です。
整頓した後には、グリーンやインテリア小物で、新年を迎える設えをしてみましょう。
好印象まちがいなしです。

大掃除は段取り8割と言われるくらいに、前準備が大切です。
実は、その前準備に「片づけ」が占める割合が多いのです。
大掃除しながら整理整頓できたら一石二鳥です。
共働きや忙しい家庭にピッタリの大掃除片づけ術で、爽やかな新年を迎えてください。

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子さん(片づけ上手塾)

Share

関連するその他の記事

シニアの「家じまい」、終活で快適なセカンドライフを送るために大切なこととは?

リタイア後の身辺整理の際に、「家じまい」を選択することを終活のひとつにする人も。老後の家じまいについて、いつ頃から考えておくべきでしょうか。ファイナンシャルプランナーの土田茂さんに聞きました。

土田茂

土田茂さん

独立系ファイナンシャルプランナー!家族の人生設計を支えるプロ

キャッシュレス決済の種類、ポイント還元のメリットは?迷える中高年に向けて仕組などを解説!

アプリによるQRコード決済が飛躍的に進み、スーパーやコンビニだけでなく、キャッシュレス決済対応の店舗が急速に増えています。セキュリティーの問題など、デメリットも含めた上での利用方法、使いこなす際の注意点などを、ファイナンシャルプランナーの平原憲治さんに聞きました。

平原憲治

平原憲治さん

顧客の性格に合わせた提案が得意なファイナンシャルプランナー

M1グランプリのミルクボーイでも話題。「人を傷つけない笑い」を実践する方法

M-1グランプリで注目が集まった「人を傷つけない笑い」は、プロの芸人のような巧みな話術がなくても誰でも実践することができます。職場や地域で生かせるる「人を傷つけない笑い」の作り方を解説します。

田久朋寛

田久朋寛さん

笑いで健康を促進する大道芸のプロ

食とエネルギーの自給自足を可能にする「農業の未来の形ソーラーシェアリング」とは

日本の就農人口は増えつつあるとともに農業のあり方が変わりつつあります。地産地消の未来を築く未来型農業について解説します。

生津賢也

生津賢也さん

経営及び事業戦略構築のプロ

カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す